スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パラワン集合!!

こんばんは!

2学期が終わり、いよいよ冬休みです!
通知表ですが提出物を時々出さない事があったんで心配だったけど、思ったより良かったです!
でも数学体育はやっぱりダメでした、、、
数学はテストの点数がよければもう1つ上を狙えるので、3学期はテストを頑張りたいです!
体育はもともと運動が苦手なので現状維持かな。

パラワンオオヒラタ
11月14日の記事幼虫時51gの蛹に期待!と書きましたが、その蛹が無事に羽化しました!
99mmの個体の幼虫時の体重が45mmなので100mm超すことは明らかでした。
そのサイズはなんと驚きの・・・















98mm
何故だああああぁぁぁぁぁぁ
ノギスの計測を間違えたかと思い、もう一度計測。
やっぱり98mm。

99mmの個体は45gで羽化。
この個体は51gなのに98mm。
この2頭を比較してみた。
(左99mm 右98mm)
画像 216
実際に手にとってみないと判りにくいが、99mmは体はスマートでアゴが長いタイプ。
それと反対に98mmは体がガッチリしていてアゴが若干短いタイプ。
つまり、51gもあった体重はアゴの伸びではなく体の横幅に持ってかれちゃったワケです。

これは人それぞれの好みの問題ですが、やっぱりパラワンといったらスラッと伸びた大アゴです。
多少体が細くなっても大アゴを伸ばすべきでしょう。
そうすればこの個体もきっと101mmくらいはいってた筈・・・
大アゴの形を自由にコントロールできればいいのになぁ~
とりあえず今回は無事に羽化できただけでも嬉しいし、98mmでも十分大型なので良かったことにしておきましょう!!

今回の羽化で飼育している5頭のパラワンは全て羽化したことになるので、集合写真を撮ってみました!
画像 214
上段左から99mm、98mm、96mm、
下段左から94mm、94mmです。
ちょうど5頭ということもあって、「甲虫戦隊パラワンジャー」って感じです(爆)
しかもコイツら戦ったら強そうです(笑)
しかし残念ながらパラワンジャー、再来年の受験に向けてクワカブ飼育は縮小中なので子孫は残せなさそうです。残念!!


ローゼンベルグ
今年の春に孵化したうちの5頭が生き残って雌雄は♂4♀1とかなり偏りました~
でも♂が多いのは嬉しい♪

そして先日、最初の♂が蛹化しました!
画像 209
なんと、長歯型!!
この個体は幼虫体重15gでどうせ短歯だろう、と思い込んでいたんですがまさかの長歯です!
というか、オウゴンって中型種なんですね。
タランドゥスと並ぶイメージからして重量感のある種って感じですが、体長だけ見ればオオクワに近い感じです。
オオクワだと20g=70mmだからこの個体はたぶん60mm台でしょう。
それにしても初のオウゴン系ブリードなので羽化が楽しみです。


アクアリウム

画像 236
またレイアウト変更しました!
いい加減変更しすぎですね、、、

まず、ウィローモス流木を別の物に変えました。
今までのレイアウトだとフィルターの吸い込み口が丸見えだったので、それを隠せるようにプレート状の流木を選びました。
そして水草ですが、クリプトコリネ・ウェンティーを追加しました。
クリプトコリネの仲間は一度溶けて環境に適した葉を新たに出すということなので、その変化が楽しみです。
そして、前景のピグミーチェーンサジタリアがいい感じにランナーを伸ばして茂みができてきています。
もっと増えて草むらになるのが待ち遠しいです。

しかし、後景のロタラ・ロトンディフォリアが思うように育ちません。
本来ならもっと葉が細長くて薄っすら赤みを帯びるのに・・・
とりあえずCO2が発生するブロックは入れてはいるが、本格的なCO2発生装置が必要なんだろうか?
それとも照明が弱いのだろうか??(12W1灯)
CO2発生装置は高いので手が出せませんが、ライトだったら買い換える価値はあるかもしれません。
お年玉をもらったら買い換えようか検討します。

あと、タイニムファですが、大型化するっぽいので後景に植えてみましたがなかなか大きくならず、ハッキリ言って前景のピグミーチェーンに隠れてしまっています。
とりあえず葉の数は増えているので生長はしているみたいですが、もうちょっと時間が必要なのかもしれません。

画像 238
そして生体も追加!!
レッドビーシュリンプ!!
前から一度飼ってみたかったのですが、チャームさんのクリスマスセールで安売りしていたので10匹買いました!
ビーシュリンプは水質の変化に弱いということなので何匹かは落ちる覚悟で買ったのですが、家に来て5日経った現在、10匹とも元気です!
初日は落ち着かずに泳ぎ回っていてカージナルに追いかけられたりしていましたが、今ではウィローモス流木のまわりで落ち着いています。
低床が砂利ですが、繁殖してくれると嬉しいです。

しかし、この水槽はミナミヌマエビもいるんだよな~
この2種は交雑はしないらしく混泳も問題無いということだが、勢力争いで負けてしまわないか心配です。
やっぱりビーならビーだけで統一したほうが綺麗だろうし・・・
水槽はもう1つあるので(父も熱帯魚をやっている)、そっちにミナミを移すべきだろうか。


この冬休みですが、年始にむし社に行く予定です!
まだ情報が出ていませんが、おそらく福袋を販売すると思うので福袋を買いに行きます。
むし社の福袋はいい物が入っているという噂なので期待しています。
結局増種することになってしまいますが、ブリードしなければいいだけの問題です(笑)
でもこれで既に持っている種類が当たったらショックだな、、、
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

横じゃなく縦に伸びてくれwって感じですね。
でもアゴが短いは短いでこっちもなんとなく恰好いい気がします。
(僕は極太とかが好み)

このローゼンはニッパーみたいのじゃないんですね。長い方はどう表現したらよいのだろう(笑)

>ヒラ太さん

体が太いほうも重量感があって格好よささがありますね。
実際に戦わせてはいませんが、戦ったらこっちのほうが強そうです。

ローゼンの長歯は独特の形ですよね。
いったん内側に入って外側に反り返るアゴを持つクワガタはなかなかいないと思います。
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。