スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーカサスのマット交換

こんばんは!

今日はコーカサスの幼虫のマット交換を行いました!
ちなみに今月~GW頃まではカブト系の幼虫のマット交換のシーズンとなります。
何故なら、家にいる外国産のカブトは前の交換を1~2月頃に行ったのがほとんどです。
というわけで、1月、4月、7月、10月はカブト幼虫のマット交換が集中する時期となりそうです。

さて、早速体重計測結果といきます!!
画像が暗いですが、今回は数字の部分が上手く見えるように撮ったためです。
DSC09735.jpg
No.1 42g(前回18g)

DSC09736.jpg
No.2 48g(前回14g)

No.3・・・マットの中でミイラに

というわけで、残念ながら1頭落ちてしまいました・・・
アジア系カブトはゴホンヅノといいコーカサスといい、死ぬ幼虫が多いです。
環境が悪いんだろうか?

元気なほうの2頭ですが、これまた問題が・・・
頭幅はNo.1のほうが明らかに大きく♂っぽい感じなんですが、体重ではNo;2に抜かされちゃってます。
これ、もしかして♀2頭なのか??
それだけは勘弁・・・

でも現時点で♀よりも小さい♂だとすると短角に・・・
これでは長角作出はかなり厳しそうです。
せめて長角は無理でも中角にはなってくれ~
性別がハッキリしないようなチビオスが出てきたら泣いちゃうぞ、、、

でも諦めるのはまだです。
これから一気に成長!!となることを祈って、2頭とも冷やし虫家に入れました!
日に日に気温が上がり、あと一ヶ月も経てばおそらく常温でも25度くらいにはなり、それではコーカサスにはちょっと暑いので今の家から低温の環境に移します。
温度はこれからサタンも冷やし虫家に移動させたいということもあって、22度に設定しました。
ヘラヘラも一緒に飼う事を考えると、やはりこの温度がちょうどいいでしょう。
ちなみに元から入っていたゼブラノコ幼虫はこの温度で飼う必要は無いため外へ出しました。


DSC09738.jpg
先日人工蛹室に移した山梨産オオクワですが、まだ前蛹というにはちょっと早い状態で取り出してしまったみたいで、やはり今日見たら人工蛹室のスポンジとちょっとだけ齧っていました。
酷く齧られると使えなくなってしまうので、ここは発酵マットで人工蛹室っぽく作ってみました。
これですんなり蛹化するか掘り返してグチャグチャにするかは分かりませんが、とにかくこの幼虫の好き勝手にさせます。
でも体力を使うのでおそらく小さい個体となって羽化するんでしょうね・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。