スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼブラ幼虫マット瓶へ

こんばんは!

DSC09542.jpg
割り出してからまだ一週間ちょっとしか経っていないゼブラノコですが、今日は時間があったので幼虫を1本目の瓶へ入れました!
飼育方法について調べたところ、菌糸よりもマットのほうが合っているらしいのでマット飼育することにしました。

上の画像が全個体を入れ終わった後のマット瓶です。
割り出した時と同じく、13頭います。
小型種ということで雌雄のちがいによって飼育方法が大きく違ったりはしないので雌雄判別はしませんでした。
一応管理No.はつけてありますが、小型で体重を量ってもおもしろくない虫のため、管理表は作っていません。

初飼育なので幼虫期間がよく分かりませんが、できれば♂♀共にこれで羽化まで持っていけるといいです。
でも♂は2本目が必要になるか?

DSC09543.jpg
飼育場所ですが、低温では可哀想だし成長も遅れると思うので温室に入れようと思ったのですが、温室も満杯なので冷やし虫家に入れました!
ちなみに中は24度に設定してあります。(時々23度に下がりますが)

そういえば冷やし虫家の画像を載せるのは久々なので、現在の中にいる虫の紹介でもしようと思います。
まず、左側に見える2つのケースにはそれぞれヘラヘラ(B血統)のいちばんでかい幼虫とリッキーの幼虫が入ってます。
どちらも大型狙いです。
真ん中から右側にかけて見える多数の瓶ですが、下段は山梨産オオクワの♂幼虫とムシモンの菌床産卵用セット、中段、上段は今日入れたゼブラノコギリです。

なんだかんだ言って冷やし虫家は狭いです~
たったこれだけで一杯になってしまうとは・・・
ちなみに最近百均ですのこを買ってきて入れているんですが、空気の通り道もできるうえにスペースを有効活用することができ、かなり便利です!


DSC09535.jpgDSC09533.jpg
ゼブラの記事ということでついでに書きますが、2日くらい前に♀を2回目のセットから取り出しました!
1回目の13頭で満足しているのに、これ以上たくさん産まれては困りますからねー
しかしセット中、ほとんどエサを食べに出てきていないようだったので、結構産んでそうな予感です。

一方♂はテラリウムで観賞目的で飼育していたんですが、残念ながら☆となってしまいました・・・
まぁ、WDですから仕方ないです。
しばらくあの姿を見れないのが残念ですが、今年の夏ごろには今いる幼虫も羽化してくると思うので、期待して待つことにします。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。