スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタリフェル♀羽化&マット交換

こんばんは!
今日はいつもよりネタ多めです!

DSC09433.jpg
12月に1本目の瓶に入れたっきり全然記録が更新されてないメタリフェルですが、気が付いたら温室組の♀が2頭羽化していました!
実際羽化したのはもう結構前で、正確には今日掘り出したということです。
それにしても、蛹期間の短さに驚きました。
2月2日のニジイロの記事で蛹化したと書いてありましたが、2月中旬ごろには羽化していたような気がします。
幼虫期間も短いですが、蛹期間も驚くほど短いです。
おそらく自分の飼育しているクワガタの♀中で一番羽化までが短いように思えます。
DSC09446.jpg
この2頭の他にも、もう1頭♀がいました!
こちらはまだ蛹のようです。
ということで、温室組は2♂・3♀となったようです・・・
温室組の♀はブリに使わないから♂が多めに欲しかったんだけど、まぁ仕方無い!


タイトルにもあるとおり、今日は♀の掘り出し以外にも温室組の♂と低温組の全部と2月7日に割り出した1頭の幼虫のマット交換を行いました!
DSC09447.jpg
普段は体重を量ることの無いメタリフェルですが、今回はなんとなく量ってみました。
驚いた事に最大個体で10gありました!
温室組と低温組で温度が違っていたわけですが、やはり温室組のほうが育ちが良いです。
ちなみに低温組ですが、雌雄判別した結果、これまた2♂・3♀・・・
低温組は♀をブリに使うので多くてもまだいいですが、♂の大型狙いでもあったので2頭ではちょっとガッカリです。

DSC09448.jpgDSC09449.jpg
マット交換後は、温室組の♂2頭は蜂蜜1000へ、低温組の5頭は♂2頭はダルマ瓶1500、♀3頭は広口600へ入れました。
ちなみに右画像の一番右の瓶は、今月割り出した1頭です。
雌雄判別が不可能なので、とりあえず蜂蜜1000に入れてあります。
飼育場所ですが、温室組は今までどおり温室内、低温組は今までの納戸から常温の環境へ移しました。
納戸ですが、温度計を見ると15度くらいになっている時が・・・
流石にこれでは可哀想なので現在18=20度の常温の環境で飼育する事にしました。
ちなみに後から生まれた1頭は特に意味はありませんが、温室で飼育します。
どの個体も、できればこの瓶で羽化まで持っていきたいところです。


DSC09457.jpg
一方、こちらはジャワギラファ。
2番目に蛹化した個体なんですが、蛹室にキノコが生えてしまったので人工蛹室に移動です。
それにしても小さい!!
この人工蛹室、バケラッタくん(主にオオクワ用)のです。
大型種であるギラファは普通、1サイズ上のドロンパくんを使うところですがこの個体はバケラッタくんにすっぽり収まっています。
それもそのはず、この個体は途中まで♀と判別されて育てられてきました。
そりゃあ小さくなるわけです。

DSC09444.jpgDSC09445.jpg
一方、普通に♂と判別されて育てられてきた個体も蛹室を作り出しました。
しかし、何故こんな観察しにくい位置に蛹室を作るんだろうか・・・嫌がらせですか!?
でもこれじゃあもし瓶の内側の見えないところにキノコが生えても気付かず、助けられません。
それに、左の個体なんか羽化しても気付かなさそうです。
もういい加減にしてほしいものです。


DSC09439.jpg
話が変わって、DH.ヘラクレス(A血統)の♀です。
蛹が見たいのを目的に、露天掘りしてみました!
2月1日には蛹になっているのが確認できたので、3月下旬には羽化するでしょうね!
特に楽しみってわけでもありませんが、無事に羽化することを願います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。