スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラティオドン繭玉!

こんばんは!

11月に大プリンカップに入れたプラティオドン幼虫5頭ですが、1ヶ月前くらいからコバエが湧き始めてしまっていたので、5頭ともマット交換をする事にしました!
まず5頭のプリンカップを次々とひっくり返していくのですが、幼虫の姿が見あたらない・・・
その代わり、どのカップからもこんな物が出てきました。
DSC09291.jpg
そう、繭玉です。
去年の9月孵化なので時期的にまだ早いと思っていましたが、なんともう作っていたとは予想外です。
まぁ、小型種だからこのくらい早くてもおかしくはないんですがね~

ちなみに軽く振ってみたところ、一番右の繭玉だけ振ると振動がしました!
つまり、他の4頭は前蛹で一番右のは蛹ってことですね。
うーん、割ってみたい・・・(笑)
でも繭玉系は割ると蛹化不全や羽化不全になりやすいというので無事羽化させるには割ってはいけません・・・

DSC09294.jpg
ちなみに繭玉の管理ですが、湿らしたマット少々の上にそのまま置きました。
しかし心配なことが1つあります。
それは、コバエの発生繭玉の向きです。
この繭玉はコバエの発生していたプリンカップ内で作られた物なんで、もしかすると繭玉内に卵や幼虫が残っている可能性もあります。
でも表面にコバエの幼虫の姿は見当たらないので、大丈夫なような気もしますが、100%安心はできませんね・・・

問題は繭玉の向きですが、これが結構深刻な問題です。
中が見えないため、どちらが頭か分かりません。
もし頭が下で尻が上のほうになってしまっていると蛹化・羽化が難しくなります。
どうか、無事羽化してほしいところです。

あと気をつけるのは、乾燥ですね。
特にマットに埋め込んだのではなく直接マットの上に乗せただけなので、常に乾燥には気をつけます。

上の画像を見て、「あれ?もう1頭は?」と思った方もいると思います。
フフフフフ・・・・
DSC09293.jpg
割っちゃいました(爆)
繭の大きさは中くらいで、雌雄ハッキリしない所だったんですがいざ割ってみると立派な大アゴが!!
これより大きい繭玉が1個、小さい繭玉が3個なので5頭合わせての雌雄の割合は2♂:3♀となりそうです。

それにしても、小さい蛹です。
蛹室は蛹の大きさとほぼ同じくらいの大きさなので、これまた小さいです。
で、この蛹はというと・・・
DSC09296.jpgDSC09297.jpg
人工蛹室に引越しです。
本物の蛹室を手本に小さめに作ってみたのですが、それでもちょっと大きくなってしまいました・・・
さらに今回は、蛹室に光が入らないように蓋を作ってみました。
同じく繭玉を作るツヤクワガタではこれで成功した例もあるそうなので、上手くいってくれるといいです。
まぁ、羽化不全覚悟での挑戦なんですけどね・・・
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。