スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイオウ人工蛹室へ

こんばんは!

先日のダイオウ蛹化の記事で蛹室が小さいかも・・・と書いた個体ですが、テスト勉強期間中に人工蛹室バケラッタくんを入手したので、今日は蛹を人工蛹室に移しました!
DSC08987.jpg
蛹の大きさと人工蛹室の大きさが合うか心配でしたが、蛹を掘り出してみると思ったより小さめだったのはこれでちょうど良さそうです!
でも蛹が思ったより小さいのは良くないけど・・・

蛹の頭部からすると、明らかにこの個体の親となったWD♀と一緒にくっ付いてきた♂(75mmだったはず)に比べて小さいです。
これじゃあ目標の80mmUPどころか70mmUPも厳しそうです。
まぁ、その目標は次世代でなんとか!

おそらくこの個体が小さいのは
・1本目への投入時期が遅かったこと
・ダイオウの1本目の時はまだ冷やし虫家が無く、一時的に30度近い温度で飼育していたこと

などが原因だと思います。

先ほど書いたように、ダイオウは今回羽化するペアからまたブリードするので、今回の失敗を繰り返さないように
・プリンカップでの飼育期間を短くする
・冷やし虫家で飼育する

などして目標の80mmUPの個体を作出したいです。

ダイオウといえばもう1頭♂がいましたが、その個体はと言うと・・・
DSC08991.jpg
画像だとサッパリ分かりませんが、更新停止していた間に蛹化しました!
蛹室が先に蛹化した個体よりも大きいため、ガラス瓶越しに見ると一回り大きく見えます。
しかし蛹室が大きくて外から見ると途中に菌糸カスが入ってしまっているので、大アゴの部分が見えません。
まぁ、羽化した時のお楽しみってことですね!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。