スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラティオドンネブト飼育開始

こんばんは!

中野増種シリーズ第3弾!
平日は成虫、休日は幼虫の紹介をする予定と2日前の記事に書きましたが、ちょっと事情があってムシモンとインドアンテは後回しにします~
ということで今日はプラティオドンネブトです!

DSC08864.jpg
プラティオドンネブト(原名亜種)
モルッカ諸島モロタイ島産 F3
2,3令幼虫5頭 2008年9月孵化


ついにネブトに手を出してしまいました~
今までヒラタ・ノコ・色虫ばかりだったこのブログも、だんだん虫の種類の範囲が広くなってきました!
僕は初めてその属を飼育すると、大抵その属の他の種にも手を出したくなる性格なのでこれからもっとマニアックな方向に進んでいくかもしれません(汗)
というものの、普通種はもうほとんど飼育した経験があるので、ちょっとマニアックなのにも進んでいかないとクワカブ飼育が続けられません!
なので今回ムシモンとか一般に知られていないのも購入しましたが、これも正解なのかもしれません。

さて、このプラティオドンですが世界最大のネブトとして有名だと思います。
といっても5センチほどですが・・・
また、大型個体になるとアゴの基部に近い内歯が星型になるのもこの種の特徴だと思います。
でも今回この種を購入した最大の理由は、世界最大のネブトということでも内歯の星型でもなく、テラリウムに向いてそうだからです。
どうやら洞を必要とするみたいなので、テラリウムにピッタリです!
しかもオオクワと違って体も小さく力も弱いと思われるので、パプキンが一緒のテラリウムにいてもこれなら安心できます。
是非ともこの幼虫が成虫になったら、大量に増やしてみたいです。

DSC08870.jpg
今回買った幼虫5頭ですが、ネブト系は羽化時に繭を作るという事なので、瓶よりプリンカップのほうが都合がいいと考えたので860ccのプリンにマットを詰めた物に移しました。
小さい種類は体重を量ってもほとんど意味がないため、管理表は作りません。
ちなみに卵巣で雌雄判別をしてみましたが、どうやら2♂・3♀と分かれたようです。
なんかの間違いでもう1頭くらい♂がいるといいんですがね~

幼虫期間についてはあまり調べてないのですが、おそらくあと1回はマット交換すると思います。
その頃には雌雄ハッキリするので次の交換が待ち遠しいです。
あと1つ心配なのはマットにコバエが湧かないかということですねー
マットを使用していて、しかも容器にはコバエが通れそうな気もする空気穴が開いているので油断はできないです。
でも最近はキノコバエやクチキバエはほとんど見なくなったので、そんなに確立の高い事ではないでしょうね。
もし入ったとしても、これからもコバエの居ないクワカブ飼育をしていきたいのですぐにマット交換する予定です。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プラティオドンネブト飼育開始

星型のオオアゴを持つネブトってなかなか面白そうですね。
そういえばネブトクワガタは今紹介したプラディオドンと国産ネブトくらいしか聞いた事ありませんね。まさか2種だけ!?

>ヒラ太さん

いやいや、世界にはもっとたくさんいると思いますよ。
日本だけでも離島の種類を含めれば数種類はいると思います。
今はまだ幼虫なので、早く星型のアゴをした成虫が見てみたいです!
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。