スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーロミヤマ飼育開始

こんばんは!

中野増種シリーズ第一弾!
最初はまずユーロミヤマです~

DSC08852.jpg
ユーロミヤマ ケルブス
南フランス産 F1
初2令幼虫3頭 10月15日割り出し


中野で増種したクワガタの紹介第一弾として、まずユーロミヤマです!
どういう順番で紹介するか迷いましたが、休日は幼虫の引越しを行うので幼虫の紹介、平日は時間が無いので成虫の紹介にしようと思います。

今回の中野で飼育した虫の中で一番好きなのはユーロミヤマだったりしますw
元々はミヤマ系はあまり興味無かったんですが、ずっと前にむし社に行ってこの種の成虫を見たときに初めてユーロミヤマの魅力が伝わってきました。
それ以来、陰で気になっていていましたが、ようやく手にすることができました!
といってもこんな小さい幼虫ですが・・・

ユーロミヤマといえばアクベシアヌスが今人気となっていますが、流石にあれは僕には手が出せませんね。
今回買ったのはアクベシアヌスやユダイクスに比べると迫力の欠けるケルブスですが、ケルブスはアゴが赤いので独特の格好よさがあります。
でもアクベやユダイクスもケルブスの飼育でコツをつかめたら挑戦してみたい種です。

飼育ですが、難しそうに見えて意外と日本のミヤマより簡単だそうです。
しかし、♂幼虫は羽化まで1~2年と羽化時期がバラつく上、羽化後1年休眠するというのがちょっとクセです。
ヘタすりゃ3年なんて話も・・・
これで羽化不全なんかになってしまえばゾウカブト並のショックです。

今回の目標は♂の完品羽化ということにしておきます。
と言っておいて幼虫3頭が全て♀だったとかいうオチは付いてほしくないですが・・・
今回購入した幼虫は全て10月15日に割り出しと書かれていましたが、初令2頭・2令1頭に分かれたので3頭とも同じ性別というのは逃れられる可能性が!?
というか大体クワガタは♀のほうは♂より早く加齢するみたいなので、もしかして2♂・1♀か?
なんて、そんな甘くはないでしょうね。
多分孵化時期のズレでしょう。
でもやっぱ♂2頭だといいな♪いや、3頭だともっといいや(爆)

どうでもいい話は放って置いて、管理表いきます!










ユーロミヤマ ケルブス幼虫管理表
管理番号孵化1本目(マット)2本目3本目羽化性別成虫サイズ
No.110月10/4 広口600/(g)/(g)/mm
No.210月10/4 広口600/(g)/(g)/mm
No.310月10/4 広口600/(g)/(g)/mm

たった3頭ですが、とりあえず表にまとめてみました。
やはり管理表があったほうが飼育が楽しくなるので、面倒でも作りました。
この管理表では3本目までしか書いてませんが、後に4本目の欄も作ろうと思います。
いや、5本目も必要かな?
ちなみにNo.1を2令の個体、No.2,3を初令の個体にしました。

エサですが、最近はカワラ菌糸で飼育される人が多いようですが安全面を優先して羽化までマットでいきます。
元々はマットが向いている種なのでこれでも十分大きくなるでしょう。
今回はたまたま蜂蜜1000が無かったため(洗えばあるんですがw)、広口600で我慢してもらいました。
まだ小さい幼虫なのでこれで十分でしょう。
でも3令になれば成長するのは早いと思われるので、2ヶ月が経った辺りから2本目の瓶に移そうと思います。
ちなみに置き場所は、納戸のメタルラック(先日オオクワを冬眠用のケースに移した時のあのスペース)にしました。
ケルブスはある程度高温でも大丈夫だとは聞いてますが、やはり大型を狙うなら低温のほうがいいと思い、飼育スペースの中で一番温度の低い納戸のメタルラックを選びました。
ちなみに納戸のメタルラックは最近20度前後の時が多いです。
これから冬になるとどのくらい下がるのか分かりませんが、15度以下になる日があれば場所を自分の部屋のメタルラックに戻そうと思います。

だらだら書いたので長い文章になってしまいましたが、最後に1つ!
DSC08851.jpg
スマトラBグループの♀No.6とNo.8が羽化しました!
これでBグループの♀は5頭羽化したことになります。
あとBグループの♀の蛹は残りNo.10の個体1頭のみとなりました。
一方AグループはNo.10の個体が羽化直前ですが、No.8とNo.9がまだ前蛹です。
なんか色々いてどれがどうなっているのか分かりにくいと思いますが、両グループとも時間のある時に管理表にまとめてみます。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ユーロミヤマ飼育開始

ユーロミヤマってきいたことないなぁ。でも羽化すればどんなのか分かるし。カッコイイ個体を出してください!

>ヒラ太さん

ユーロミヤマってのはヨーロッパミヤマのことですよ。
ヨーロッパミヤマなら多分知ってるんじゃないかと思います。
低温飼育する予定なので♂の成虫を見るのは2年近く先になると思いますが、気長に飼育していきます!
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。