スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美麗パプキン

こんばんは!

なんかもう、すっかり秋の気配を感じますね~
外はすっかり秋の虫の声だけになってしまったし、風は涼しいし・・・
気温が上がらない分クワカブの管理は楽ですが、まだお盆前だというのに夏が終わってしまったようで寂しいです。
本当に冷夏はもう嫌ですね。
一年で一番楽しみにしている夏で夏らしさを楽しめないとか最悪です。
来年も冷夏とかになったらブチ切れそうです

ではムシネタ!
パプキン
DSC00564.jpg
今年の春に割り出した個体たちが羽化しました!
今のところ7月に羽化した♀6頭しか掘り出してませんが、この6頭だけでもかなりの色彩変異があります。
この写真は屋外で撮影したのでよく色が出ていると思います。
特に、左から3番目の個体はレッド系の色ですが角度によってはパープル系にも見えます。
この♀は種親決定ですね!

しかしレッド系から来るパープルよりもブルー系やブルー系から来るパープルも飼育してみたいので、グリーン系の♀でもブリードする予定です。
来年に向けて数を減らすと言っていましたが、パプキンは綺麗な上に飼育も簡単でスペースを取らないのでずっと続けます。
しかし問題は、♂がまだ幼虫・・・
今から蛹室を作り始めたとしても、♀と2ヶ月くらいズレができてしまいそうな感じ、、、
短命種であるパプキンで2ヶ月のズレは結構キツイです。
頼むから早く蛹化してくれ~!


インターメディア
DSC00509.jpg
とりあえず♀をセットしましたが、爆産種のためセット期間は短めにするつもりです。
しかしセットしてから数日経つんですが、全然潜る気配が感じられません!
覗いてみるといつもマットの上でウロウロしてばかり・・・
まあ、どうしても累代したいわけではないので産んでくれなくても結構ですが。


コクワガタ
DSC00510.jpg
7月にまとめ買いした菌糸瓶がちょっと余ってしまいそうなこともあって、採集してきたコクワをセットしてみました。
♂35mm♀25mmと大きさは普通サイズですが、このペアから50mmUPが作出できればいいなーと思っています。
コクワなんで、まず産まないということはありえないでしょう。
太めの材を使ったので産みすぎちゃうかもしれませんが、心配は要りません!
地元産なので必要以上に採れてしまったら放虫できます。
(放虫と言うとちょっと印象が悪いですが・・・)


テラリウム
DSC00562.jpgDSC00561.jpg
久しぶりにサブテラリウムの画像でも載せます。
現在の入居者はメタリフェルペア+ムシモン5頭です。

ムシモンはメタリに追い払われちゃっているのかあまりゼリーを食べる姿を見かけませんが、テラリウム内にいる姿を見ると可愛いです。
ちなみにムシモンの幼虫はすべて羽化しました。
最近はコバエの姿も見るようになってきましたが、3~4日置きにゼリーを取り替えることでなんとか大発生は防いでいます。
でも交換を忘れたらあっという間に大発生で手に負えない事態になるでしょうね~
そうならないようにゼリー交換を頑張っています。



話が変わりますが、明日13日(木)から東京の親戚の家に遊びに行きます。
東京といっても郊外ですけどね。
帰ってきたらその時の話があるかもしれないし、無いかもしれません。
スポンサーサイト

アクタエオン体重ダウン

こんばんは!

今日から8月ですね~
昼間は暑いですが、ここ数日は夜になると涼しいです。
しかも、もう秋の虫の声が・・・
蒸し暑い夜も嫌だけど、涼しい夜も秋が近いみたいな感じがして嫌ですね。
ところで宿題のほうですが、全然進んでません!!
今年は前半頑張るように計画を立てたはずだったのですが、なんだかんだいって結局後半に頑張ることになりそうです、、、
とりあえず今日から8月なので、これを機に本気を出そうと思います。
と言っても結局なかなか進まずに、お盆過ぎあたりから地獄の日々を送ることになるんでしょうけど(汗

アクタエオンゾウカブト
本題のアクタエオンなんですが、先日マット交換をした時の体重がこちらです。
DSC00454.jpgDSC00455.jpg
♂117g(前回130g)                   ♀88g(前回93g)
♂♀ともに体重ダウン・・・
特に♂は13gものダウンでかなりショックです。
予定ではこれから150gを超してだんだん200gに近づいて成長していくはずだったのに・・・
原因はやはり前回の交換の時にちらっと書いたコナダニなんだろうか・・・
でもコナダニってここまで影響が出るモノなんだろうか??
今はまだ成長期だってのに・・・

これでもう200gは無理でしょうね。
だけどせめて150gはいってほしいです。
まだあと2年くらいは幼虫のままでいるだろうから、その間に少しでも体重を取り戻してほしいです。


H.エクアトリアヌス
♀と思われる個体が蛹化!
何故「♀と思われる」なのかというと、この個体は前回79gで♀にしてはでかすぎるからです。
なので小型♂なんじゃないか?とも思っていました。
で、蛹室を作ったわけですが窓がケース底面に1箇所しかありません。
蛹室の位置と窓の関係からして♀っぽいんですが、チビ♂かも?ということで掘り出してみました。
DSC00379.jpg
掘り出してみると、やはり♀。
だけどこの個体、最終計測体重が79gということから予想はしていましたがかなりでかいです。
画像では伝わらないのが残念ですが、今まで見てきたヘラ系♀蛹に比べて圧倒的に大型です。
羽化したら70mm以上はいくんでしょうね~
羽化が楽しみです。
DSC00496.jpg
一方♂はマット交換を行ったところ、89g(前回100g)でした。
蛹化前なので減ることは予測していましたが、ちょっと減りすぎかな~なんて思います。


ゴホンヅノカブト
DSC00495.jpg
家に1頭だけいるゴホンヅノカブト。
前回の交換で43gに成長しているのを確認し、順調だな~と思っていたらやはり暴れてしまいました、、、
まだ蛹化するには早いような気もするんですが、そろそろ蛹化モードなんでしょうかね~?
あまり暴れ続けさせると体重が減りすぎて小型個体となってしまうので次の交換の時には中ケースで飼育しようと思います。


スマトラコーカサス
先日むし社で買ったスマトラコーカサスWD109mmですが、今日見てみると死亡していました(涙)
観賞用に買った個体なのでショックです。
エサはちゃんと与えていたので、やはり寿命なんだろうか。
これだからWDは怖い。
といってもコーカサスは飼育じゃこんなでかい個体出せないからWDを買うしかない。
下の写真は生きているうちに撮ったもの。
DSC00452.jpgDSC00453.jpg


ジャワコーカサス
確か正月くらいに買ったジャワコーカサス幼虫。
3頭セットだったのが1頭落ちて2頭で飼育を続けていたのですが、先日マット交換した時の体重で性別が判明。

♀2

・・・・・orz
激安(3頭で1000円)だったのが唯一の救い。


ペレンメタリフェル
74mmの♂とペアリングさせた♀の産卵セットと割ってみたところ、28頭の幼虫が採れました!
この血統は来年の受験勉強のことを考えて、この幼虫たちが成虫になったら累代終了にしようと思います。
なので今回は雌雄の羽化ズレを気にせずに、思いっきり飼育を楽しみたいです。
もちろん目標は80mm!!
今回は74mmが種親なので80mmを出せる可能性は高いでしょう!



佐賀産オオクワガタ
36頭いた佐賀産オオクワですが、頑張って減らした結果20頭が残りました。
そのうち、12頭は菌糸飼育8頭は材飼育にしてみました。
種親が小さいのであまり期待できませんが、菌糸飼育では75mmくらいが出せるといいです。
材飼育は以前色々な菌種の材でどれが大きくなるか実験するとか言ってましたが、予算が無いので8頭すべてシイタケ材にしました。
まあ今回はお遊び感覚です。
サイズは期待してませんが、ディンプルの無い綺麗な個体が羽化するのを楽しみにしています。
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。