スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

突然ですが、色々あってしばらくブログの更新回数を減らします。
減らすというよりは、これからは気が向いた時に書きます。
夏休みに入る頃まではこの状態が続くと思いますが、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ハスタート ブリード開始!

こんばんは!

ハスタートノコ
DSC00007_20090517191036.jpg
3月にやってきたハスタートですが、産卵に向けてペアリングを開始しました!

♀殺しの起こる種なのでハンドペアリングをしてみようと思ったのですが、2頭とも全然やる気なし・・・
一応エサは食べているので未成熟ってことはなさそうなので、仕方なく同居させてみました。
頼むから無事にペアリングが終了してほしいです。
いつ事故が起こるか分からないため、交尾が確認できたら早めに引き離そうと思います。


テラリウム
DSC09999_20090517191048.jpg
メインテラリウムで毎日を過ごしているスマトラス君ですが、よく見ると符節が一箇所欠けちゃってます・・・(涙)
カルコソマではよくある事故なんで、仕方無いといえば仕方無いんですが、、、
でもこれ以上は欠けないでほしいです。
流石に何箇所も欠けてしまっては見ていると痛々しいし、スマトラス君自身も気に登るのが難しくなるだろうし・・・

もしそうなったらスマトラス君は別のケースに移して別の虫を入れるようになるんでしょうけど、スマトラス君には長生きしてもらいたいです。


お知らせ
中間テストが近いため、明日からブログの更新を停止します。
中間テストがある29日(金)からは通常通り更新を再開する予定です。
途中にある土日は更新するかもしれないし、しないかもしれません。(その時の気分次第)

ちなみにその土日の手前にある22日(金)は学校の校外学習で鎌倉に行きます。
金曜日に疲れていなければブログにその話も書こうと思います。
神社や寺の歴史とかを調べるわけですが、楽しんでこようと思います!!

ケルブス成長!

こんばんは!
本当は今日からテスト勉強期間のため、短めに書きます。

ヨーロッパミヤマ(ケルブス)
マット交換を行いました。

DSC09992_20090517003121.jpg
デジカメの調子が悪いため色が変ですが、最大個体はNo.1で23gありました!
まあまあって所でしょう。
では管理表です。











ヨーロッパミヤマ(ケルブス) 幼虫管理表
管理番号孵化1本目(マット)2本目(マット)3本目(マット)羽化性別成虫サイズ
No.110月10/4 広口6002/13(5g)蜂蜜10005/16(23g)ダルマ1500/mm
No.210月10/4 広口6002/13(2g)蜂蜜10005/16(14g)蜂蜜1000/mm
No.310月10/4 広口6002/13(2g)蜂蜜10005/16(12g)蜂蜜1000/mm


体重からして、1♂2♀とみてよさそうです。
No.2の♀が妙にでかいような気もしますが・・・
今後どうするかですが、できれば4本目まで引っ張ってから蛹化してもらいたいです。
そして置き場所は今までどおり冷やし虫家です。


ゼブラノコギリ
DSC09994_20090517004709.jpg

最初の♀が蛹化!!
おそらく蛹化は真夏に入った頃だと思っていたので、ちょっと想定外!

アトラス爆産!

こんばんは!

アトラスオオカブト
セットから2週間が経っていたので、採卵しました!
2つのセット同時に行いました。

採卵する前の予想は各セットから15個前後で、合わせて約30個。多くても40個くらいかな~ってところでした。

では、その結果は・・・
DSC09987_20090516105129.jpg
セットA(♀49mm) 23個
予想よりやや多めです。

DSC09988_20090516105128.jpg
セットB(♀42mm) 42個
(画像では43個に見えますが1個は後ほど確認すると腐ってました)

産みすぎだぁぁぁぁ!!

合計65個!!
♀2頭使ったにしても、42mmの♀は明らかに爆産!!
・・・って喜んでる場合じゃありません。
65頭の幼虫なんて飼育できない、、、
真面目に減らさなければ。

ということで、ヒラ太さん、ファとうさん、syoki1234さん、その他今までにこのブログにコメントしたことの
ある方
欲しい人は遠慮なくコメントください。
幼虫が生まれたら送料は着払いで発送します。(6頭まで)
おそらく6月半ばくらいの予定です。
本当に協力お願いします!

DSC09989_20090516105128.jpgDSC09998_20090516105214.jpg
それで卵管理ですが、セットBから採れたうちの20個はエッグシェルターで、他はプリンカップに4~5個ずつ入れて孵化させることにしました。
65個となると卵管理だけでも結構場所を取ります。
これが全て幼虫になって個別飼育するとなると恐ろしいです。
まあダメそうな卵もあったので全て孵化するなんてことは無いだろうけど・・・

それにしても、やっぱりカブトは恐ろしいです。
2頭も使わずに1頭にするべきでした、、、


ムシモンオオクワ
DSC00010_20090516105129.jpg
初蛹化!!
♀かと思いきや♂でした!
ちなみに幼虫投入用の穴がそのまま蛹室になっちゃってます。

他にも蛹化している個体がいるか確認してみたところ、外側からは見えないけれど蛹の動く感じがするプリンカップがいくつかあるので蛹化しているみたいです。

スマトラオオヒラタ(アチェ)完結

こんばんは!

スマトラオオヒラタ(アチェ)
♂の集合写真を撮ったときにまだ蛹だった2頭ですが、羽化も完了し体も固まったので測定してみました!
DSC09999_20090515005742.jpg
    左♂84mm        右♂82mm

84mmの個体は幼虫時の最大体重が41gで、しかもかなり大きい蛹室を作っていたので90mm近い個体が出るかと期待していたんですが、思ったほど大きくなりませんでした~
大きいのは蛹室だけだったみたいで・・・

では、管理表を載せます!
今回の2頭で全て羽化したことになるので、管理表は完成です!




























スマトラオオヒラタAグループ幼虫管理表(完成)
番号孵化1本目(菌糸)2本目(菌糸)3本目(菌糸)羽化体長
No.16月8/18 800cc11/2(38g)1400cc12/21(32g)ダルマ15002/2783mm
No.27月8/18 800cc11/2(36g)1400cc12/21(36g)ダルマ15004/482mm
No.3(☆)7月8/18 800cc11/2(38g)1400cc12/21(40g)ダルマ1500死亡
No.47月8/18 800cc11/2(35g)1400cc12/21(41g)ダルマ15004/584mm
No.57月8/18 800cc11/2(41g)1400cc12/21(33g)ダルマ15002/1680mm
No.67月8/18 800cc11/2(40g)1400cc2/481mm
No.7(☆)7月8/18 800cc11/2(34g)1400cc12/21(32g)ダルマ15003/5
No.87月8/18 800cc12/344mm
No.9(☆)7月8/18 800cc蛹で死亡
No.107月8/18 800cc11/545mm
No.116月8/18 800cc10/下45mm
No.126月8/18 800cc10/1944mm

※No.3は3本目の菌糸内にて死亡確認
※No.7は羽化不全
※No.9は蛹を掘り出す時にスプーンが直撃して死亡

全て掘り出した結果から分かることは、幼虫時40gでも成虫時81mmにしかならなかったり、幼虫時32gでも83mmが出ていたりと幼虫体重がアテにならないことです。
まあ原因は蛹化前の暴れ具合によって左右するんでしょうけど、いくらなんでも上の例は差がありすぎでしょう。
幼虫時40gの個体は蛹化前にどんだけ暴れたんだって感じです。


さて、ブログを始めたばかりの去年の4月からずっと続けてきたスマトラオオヒラタ(アチェ)ですが、この記事を持って飼育日記終了です。
1年強の飼育でしたが、なかなか楽しませてくれました。
スマトラオオヒラタ(アチェ)よ、今までありがとう。
そしてこの経験を活かして、今年はベンクール産を頑張ります!!

スマトラオオヒラタ(ベンクール産)飼育開始!

こんばんは!

スマトラオオヒラタ(ベンクール産)
♂63mm WD
♀34mm WD

DSC00006.jpg

紹介するのが遅れましたが、GWにスマトラオオヒラタ(ベンクール産)が増えました!
ちなみに500円のくじ引きで手に入れました。
小型のペアだということを考えても安い!!

今年度はヒラタ系はブリードしない予定でしたが、ブリードしちゃいます!
スマトラは今までアチェ産を飼育してきたので、もうだいぶ慣れてます。
DSC00001_20090514012148.jpg
ということで、早速セットへ投入しました!
ペアリングが面倒なので持ち腹であることに期待してのセットです。
アチェ産のときは33頭採れてしまいましたが、今回は34mmと豆粒のような小型の♀なのでそんなにたくさんは産まないでしょう。
それに元々産卵数が多い種類では無いし・・・

たくさん産まれると菌糸代も大変なので、10~15頭くらい産んでくれれば嬉しいです。
小さな種親からですが、せめて80mmupの♂は羽化させてみたいですね~
ハッキリ言って63mmの♂じゃあ全然迫力ありません。
やっぱりオオヒラタは大型個体に限ります!


国産カブト
忘れられてそうですが、家には国産カブトも室内で飼っています。
3月に庭のマット捨て場から採集した5頭がいるんですが、ケース底から見ると全部蛹になっているのを確認!
本当は羽化して自力で脱出するまで待つ予定だったんですが、蛹見たさに掘り出しちゃいました~(笑)DSC00005_20090514013506.jpg
3頭とも立派ですね~

あれ?あと2頭足りない??
・・・・実はあとの2頭は一応蛹でしたが、角曲がりで、おまけにダニに襲われていてどう見ても無事に羽化できないで☆になってしまいそうな感じだったので処分しました。
ちなみに2頭とも角曲がりではあるけど♂なので、幼虫採集時の判別は間違っていなかったようです!

でも、3頭だけでもちゃんと蛹化できてよかったです。
今年の6月は色々と忙しくてなかなか採集に行けなさそうな感じなので、このカブトが成虫になったを眺めて夏気分を味わいたいと思います!
DSC00007_20090514013506.jpg
この3頭は、露天掘りにして羽化まで見守る事にしました!
それにしても、うまく間隔を空けて蛹室を作ってますね!!

エアコン故障&アンテセット開始

こんばんは!

数日前の話になるんですが、家で大事件が起きました!
その日は昼間の温度が高く、クワガタの部屋(=自分の部屋)のデジタル温度計には29度の表示があったのでこりゃマズい!と思って久しぶりにエアコンを入れてみることに。

スイッチを押す・・・・反応しない、、、
フィルターが詰まってるんじゃないかと思い、掃除してもう一度スイッチを押す・・・・・反応しない、、、、

故障です。
よりによってこんな時期に・・・
(真夏よりはマシですが)

これが大事件かよって思うかもしれませんが、虫を約200頭飼育している自分にとってはかなりの問題です。
このまま夏になれば確実に30度は超え、虫がバタバタと死んでいくと予想できます。

流石にこれは放っておけないので、修理する予定です。
金は親が払ってくれることになっているのでいいですが、それまでの間に30度を越すような暑い日が来ないかが心配です。



インドアンテ
先日ペアリングを済ませたアンテの♀をいよいよセットへ移しました!DSC00009_20090513012914.jpg
今は常温の場所に置いていますが、時間を見つけて冷やし虫家を整理してそっちに移そうと思います。

ちなみに材は、カワラ材を使っています。
産んでくれることに期待です!

リノケロス産卵確認!

こんばんは!

リノケロスフタマタ
セットから約1ヶ月経ったので、♀を取り出そうと思い、産卵木をどかしてみました。
すると、♀の他に、材の下からなんと幼虫4頭を発見!!
(画像無くてスイマセン)

それも孵化したてのド初令!!
まだ卵だと思っていたのに、もう初令が出てくるとはビックリです。
しかもマットの上なので、幼虫は孵化してすぐに材から出てきてしまったということか?
とりあえずこの4頭は、普段なら割り出しまで放置しておくところですがド初令で弱弱しい感じだったのでプリンカップに移しました。

ちなみに材には齧った痕が多数!
これはなかなか期待できそうです。
といっても予想は先に賦課した4頭も入れて10頭くらいだと思いますが・・・
でも、これでまた割り出しという楽しみが増えました!

にしてもローゼンといいパプキンといい、春のセットはみんなよく産んでくれます!
でも今年は去年よりセット数が多いので、夏には大変なことになってるかも(汗
(現在のセット中の種類はローゼン3rd、佐賀産オオクワ、アトラス×2)


金が・・・・・・


・・・ど、どうしよう(滝汗
来年は受験勉強で大幅に減らす予定だからといって、調子に乗りすぎました~(反省)
ブリードは計画的に・・・今さら言っても遅い、、、


DSC00005_20090512013234.jpg
このまんま画像ナシで終わるのは寂しいので、最後にスマトラス君の画像でも。
今のところレイアウトを破壊することもなく、大人しく暮らしています。
やっぱりテラリウムは一匹飼いがいいですね。

パプキン割り出し

こんばんは!
下にも記事があるので見ていない人は見てくださいねー

突然なんですが、最近疲れが溜まっていることもありブログの更新が面倒くさく感じます。
だからってここまで続けてきたブログをやめたくはありません。
なので、今日からいつもより簡単に、疲れない程度に書いていきます。

パプキン(part2)
ケース底から幼虫が見えていたので、割り出しました!
DSC00010_20090510214924.jpg
ケースをひっくり返してみると、思ったよりたくさんの幼虫が!!
にしてもこういう光景、久しぶりに見るなぁ(笑)
DSC00013_20090510215513.jpg
幼虫を1頭ずつ数えていくと、14頭!!
パプキンにしては少ないですが、ブリードするにはこれだけいれば十分です!

本当はたくさん産ませて色々な色の個体を羽化させてその中から好きな色を選んで累代飼育していきたいところですが、♀がもうボロボロで産卵できなさそうな感じなので諦めます。


ヘラクレス・リッキー
DSC00011.jpg
先日から蛹室を作っていたリッキーの♀が蛹化しました!
にしても、蛹って背中側から見るとハッキリ言ってキモい、、、
まぁ、虫嫌いの人が見れば背中じゃなくてもキモいんだろうけど。

余談ですが、ケースの右側に見えるのは今じゃなかなか手に入らないBE-KUWA6号!!
1年くらい前ですが、たまたま近くのペットショップで売ってたので即購入しました。

DSC00012_20090510214924.jpg
それで蛹ですが、ケース底に大きな窓ができてしまったのでこのままだと羽化不全の確立大!
ということで人工蛹室に移しました!

やっぱり♂か?

こんばんは!
昨日はちょっと体長が悪くて書けなかったので、その分を今日書きます。

ヘラクレス・エクアトリアヌス
前回の交換の記事でタイトルに「たぶん最後の交換」なんて書いたんですが、まだ蛹にならないのでもう一度交換することになりました!
おそらく、これが本当の最後のマット交換でしょう。

DSC00007.jpgDSC00009_20090510110616.jpg
♂100g(99g)                      にしてはでかい79g(69g)

♂は流石にもう成長ストップしたらしく、100gで止まってしまいました~
でも99gと100gではケタが違うので1gの成長でも嬉しいです!

一方、今まで♀と飼育してきた個体はまだ10gも伸びて79g・・・
ヘラクレスは75g以上が♂で以下が♀と言われているので、これはありえないです。
つまり、どういうことかというと♀ではなくて♂です。
一応このペアは専門店から買ったわけですが、やっぱり判別ミスもあるんですね~
でも♂2頭なのでもともと観賞用に♂だけ欲しかった自分にとっては嬉しいです!
♀はいてもブリードはしないので邪魔になるし・・・

ということで、2頭とも中ケースへ入れました!
おそらくこれで蛹化するので、底の近くはガチガチに詰めました。
これでスイッチが入れば、すぐに蛹室を作って蛹化してくれることでしょう!


アルキデスヒラタ
DSC00008_20090510110617.jpg
最初の♀が蛹化しました!
羽化したら何mmになるのか気になります。

ローゼン3rdセット!

こんばんは!

ローゼンベルグ
2ndセット、割り出したところボウズでした~
最初のセットは9個採れたので期待していたんですが、残念です。
ちなみに最初のセットで採れた9個、前にも書いたけどこのカテゴリではまだ書いてないので一応書いておきますが、9個全て孵化しました!
早めにカワラ菌糸を買って幼虫を移そうと思います。

DSC00005_20090509000429.jpg
♀は休む間もなく、3rdセットへ入れました!
2ndセットと同じような内容なので産んでくれるか心配ですが、うまくいってくれるといいです。


フローレスギラファ
DSC00009.jpg
♂初蛹化しました!
羽化が待ち遠しいです。

新テラリウム!!

こんばんは!
GWは日付が変わってから更新となることが何度もあったので、これからはブログは日付が変わらないうちに投稿するようにします。

テラリウム
GW中に時間があったので、今までのテラリウムのレイアウトを崩して新しいテラリウムを作りました!
メインテラリウムとサブテラリウムの2つになります。
では、画像大きめでいきます!

メインテラリウム
DSC00014.jpg
ケースはビバフォレストMを使用しました。
フジコン製インセクトシェルターを中心にレイアウトしてみました。
その左にある木は、ミタニ製の枝木を逆さまに地面に挿して、枝の分かれた部分を根のように見せました。
ちなみにこのインセクトシェルターは注文する時に「なるべく二股タイプで頑丈な物を」とコメントを入れたところ、なかなか形のいい物が届きました!
これならテラリウムの中の虫が暴れても倒れなさそうな感じです。
2本ある緑色の人工葉は、上から吊るしてあります。
床には発酵マットを敷き、その上に転倒防止用の意味も兼ねて枯葉を入れてみました。

今回のメインテラリウムは今までと違って、あまり物をたくさん入れずに空間をたくさん作るようにしてみました!
以前のものに比べると、こちらのほうが明るくて清潔なイメージです。
(まぁ、生体を入れたらちょっと汚れるんだろうけど・・・)
餌場は1箇所だけなので、当然1匹飼いになります。

サブテラリウム
DSC00016.jpg
こちらは、今まで小型種テラリウムとして使っていたディスプレイキューブを使いました。
このディスプレイキューブは6面全部ガラスというのが特徴です。
餌場には以前のメインテラリウムで使用していた洞つきエサ台をもう一度使用しました。
それと、飾りとして以前も使っていた枝木(本当は鳥用)も入れてみました。
そして床には発酵マットで、その上に樹皮を敷いてみました。

サブテラリウムのほうは緑が無いので殺風景ですが、これはこれでなかなかいけてると思います!
こちらもメインテラ同様、餌場が1箇所しかないので1頭しか入れられません。
ここで使用した洞つきエサ台はインセクトシェルターと違ってなかなか上手く作られているので、洞に住むタイプのクワガタを入れようと思います。


さて、気になる入れる虫の紹介です。

まず、メインテラのほうは・・・
DSC00015.jpg
スマトラアトラス!!(79mmの個体)
この個体1頭だけ特別扱いでテラリウムに入れるわけなんで、せっかくなので名前をつけます!
命名「スマトラス君」
スマトラとアトラスを合わせてスマトラスというわけなんだけれど、ちょっと微妙かな(笑)

そしてサブテラのほうは・・・
DSC00017.jpg
スマトラオオヒラタ(ベンクール産)!!
ん?ベンクール産??・・・実は、GW中にひそかに買っちゃいました!
正式にはクジで当たったんですが。
ちなみにサイズは63mmと、今までアチェ産の80mmUP個体に見慣れてきた自分にとってはかなり小型です。
そして、こちらもスマトラス君同様に名前をつけます。
命名「ベンク君」
ちょっと発音しにくいかもしれないけど、なかなか響きがいいです。
今後、このブログ上で時々この2頭を紹介する時にはこの名前で登場するので忘れないように覚えておいてください!

DSC00020.jpg
そしてこれが2つ並べてパソコンの横の台に置いた時の画像です。
両方とも余計な物をゴチャゴチャと入れていないので、すごく明るい感じです。

しかし問題が一つ・・・それはコバエ
今回は両方とも床に発酵マットを使用しているので、コバエが来てしまう確立が高いです。
なので、とりあえずアースノーマットを導入しました。
ちなみに去年も使ったのですが、クワカブには害は全く無いです。
しかし、これで完璧というわけではありません。
ノーマットを使っても死なないコバエがいるかも・・・
今のところ自分の部屋はコバエは1匹も見ませんが、とにかくコバエが発生しないことを祈るばかりです。

メガソマ・エレファス飼育開始

こんばんは!

GW終わっちゃいましたね~
今年のGWはブログには書いてないけど楽しい事も色々ありました。
しかし、実際には生活のリズムがかなり乱れて、ひどいGWでした。
何時に寝たのか言えないくらい・・・
というわけでこれからは普通の生活リズムに戻すように頑張ります。

エレファスゾウカブト
メキシコ カテマコ産 CBF1
09年4月孵化 初2令幼虫4頭

DSC00012.jpg

実はGW中に買っちゃいました!
エレファスは以前も飼育した事があるので、今回は2度目です。
以前は3令ペアで買って♂♀ともに羽化したんですが、残念ながら♂は羽化して休眠し、やっと活動しだしたと思ったら☆・・・
まぁ、1ヶ月くらいは見ることが出来たんですけど、もう一度見てみたいので今回、飼育する事にしました!

以前と違って今回は初2令からのスタートなので、成長期に大型の容器で飼って大型化を狙いたいと思います!
以前飼育した個体では124gまで成長したので、今回の目標は130gってところですね。

それ以前に、問題は雌雄の片寄りですね。
4頭いるので全部♀なんてことはないと思いますが、♂1♀3ではちょっと嫌です。
4頭セットを買ったのだから、やっぱり♂2♀2だと嬉しいです。
うちでは大型カブトはブリできないので♂3でも4頭全て♂でもいいけど(笑)

今日は時間が無いので作りませんが、とりあえず管理表を作る予定でいます。
そのために、No.1~No.4と番号を振っておきました。
(上の画像で2令の個体(右下)がNo.1で、初令の3頭がNo.2~4です。)

ちなみにまだ小さいので、使用するケースは小ケースです。
これで3ヶ月近く飼育し、ある程度大きくなって雌雄の判別ができるようになったら一番大きい♂はコバシャ中に入れ、残りの個体は多頭飼育にするかもしれません。
まぁ、雌雄の偏り具合によりますけどね。

ネプチューン飼育開始!!

こんばんは!
5月6日ですが5月5日の記事ということで・・・

ネプチューンオオカブト
コロンビア サンタンデール産 WF1 3令ペア
DSC00010.jpg
ついにこの種に手を出してしまいました!
家にはヘラクレス4種にサタン、グラントシロとディナステス属がたくさんいるので、ネプチューンもいつか飼育したいということで以前からずっと狙っていた種類でした。

ちなみに値段は7350円、、、
高い・・・
こんなに高い種類を買うのは久しぶりです~
これは大事に育てなくては!!
余談だが、以前このくらいの値段がした種類と言えばこのブログを始める前に飼育していたマンディブラリスフタマタ105mmだったと思います。
あと、ローゼンベルグやパラワンもそのくらいの価格のを買ったことがあったような・・・

さて、早速第一回体重測定の結果です!
DSC00013.jpgDSC00001_20090506171944.jpg
♂57g                        ♀37g

今回買った幼虫は孵化から6~10ヶ月程の幼虫ということで明確な孵化日が書いていないのでなんとも言えないんですが、このサイズではまだまだなのでこれからの成長に期待したいところです。
ビークワでは80g=130mmと載っているので、とりあえず80gを目指して頑張りたいです。
サタン同様に長期間かけて地道に大きくなっていく種類なので急成長するヘラクレスやゾウカブトに比べたら飼育自体はあまりおもしろくないとは思いますが、気長に頑張っていこうと思います。

飼育場所ですが、大型狙いなのでもちろん冷やし虫家内です。
ちなみに温度は20~22度くらいで、ネプチューンにはピッタリの環境です!
スペースの都合上、♀は虫家外の常温のスペースとなってしまいましたが、真夏に流石にこれだと死んでしまうのでその時はなにか対策を行おうと思います。


ヘラクレス・ヘラクレス(A血統)
DSC00008.jpg
人工蛹室に入れた♂の蛹が濃くなっています。
数日後には羽化するか!?

ヘラ系初の100g突破!!

こんばんは!

ヘラクレス・ヘラクレス(B血統)
マット交換を行いました!
今回は先に管理表を載せちゃいます。















ヘラクレス・ヘラクレス(B血統)幼虫管理表
管理番号性別9/712/12/145/4羽化体長備考
No.1(☆)2令33g(多頭)27g(多頭)☆確認12/1以降多頭飼育
No.22令60g(虫家)94g114g/mm12/1~2/14冷やし虫家で飼育
No.3♂?2令44g(多頭)63g(多頭)72g/mm12/1以降多頭飼育
No.42令52g81g96g/mm
No.5(☆)初令初令2令(多頭)☆確認2/14以降多頭飼育


DSC00005.jpg
No.2(♂) 114g(前回94g)

タイトルにも書いたとおり、No.2の個体がヘラクレス系初の100g突破!!
100g突破どころか110g台に突入しちちゃってます!!
前回計測体重が94gだったんで100g台に入ることは予想できてはいたんですが、正直言って94gから20gも伸びるなんては思ってもいませんでした。。。
冬場にこんなに成長できたのも冷やし虫家のおかげかな?
それにしても、良くても110gちょっと手前くらいだろうな~なんて考えていたので、この数字を見たときはすごい嬉しかったです!
もちろん数字だけじゃなく、幼虫も大きさもスゴイ!
ゾウカブトの場合だと横幅に取られてしまいますが、コイツの場合は伸びた時の体長が長い!
バナナを一回り小さくしたような感じです。

ビークワで調べてみると、幼虫100g=成虫140mmらしいのでよっぽど極太だったりしない限りは140mmはいけるでしょう!!
そして気になる150mmですが、これには130gくらいは必要な感じ・・・
でも、94gという体重から3ヶ月弱で20gも成長しているこの個体なら出せなくもない数字!!
(あと16gあれば130g!!)
幼虫期間が今年の秋頃まで続いてくれたら、たぶんいけるでしょう!!
本当に楽しみです!!

ここまで大型だとブリードも考えちゃうわけですが、残念ながら兄弟の♀(No.1の個体)は今回の交換で☆になってしまいました・・・
それと、成長が遅れていたNo.5の個体も☆に・・・
まぁ、ここまででかい♂だと羽化ズレしそうなのでもし生きていても別の♀を買っているとは思いますが、やっぱり残念です。

ちなみに置き場所ですが、温度も25度前後でちょうど良いため、冷やし虫家内から常温に移しました。
本当は虫家内で恒温で飼育を続けたほうがいいんだろうけど、低温を好むサタン、コーカサス、そして明日到着予定のネプチューンを優先してヘラクレスは外に出てもらいました。
とはいえ、真夏も常温ではせっかくの大型個体なのに体重が減っちゃう可能性もあるので、簡易冷却装置でも作ろうと思います。

DSC00003_20090505031451.jpg
No.4(♂) 96g(前回81g)
114gの個体の話が長くなってしまいましたが、他の2頭も紹介!
この個体は最初からずっと常温で飼育を続けてきた個体です。
その割には結構大型で、次回の交換時には100gを超えてそうな感じです。

それにしても、この血統はアタリでした!
いや、血統じゃなくて小さいうちに買って早いうちからマットをたくさん食べさせる事ができたのが大型幼虫へと繋がったのか?

DSC00002.jpg
No.3 72g(前回63g)
この個体は♀と判別されて前回から多頭飼育だったため、前回の管理表では扱わないことにしたんですが、どうも♂っぽい感じがするのでこれから管理表に記録をつけていくことにしました。
しかし、ヘラクレスは75gを超えると♂、それより下だと♀という話も聞くのでまだ完全に♂とは言い切れません。

ヘラクレス等の大型カブトの場合、♂1頭に対して中ケースを使うんですが、この個体はスペース&マトの節約のためと、小型個体ということもあって小ケースにしました。
今から中ケースに入れても大型化は難しいでしょうからね~
でも蛹化の時は小ケースでは蛹室に窓ができやすく、結果として角曲がりになりやすくなるので中ケースを使用するつもりです。

ちなみにこの個体、今まではNo.1の♀とNo.5の発育不良の個体と一緒に飼育してきたんですが、その2頭はマットの上で真っ黒になっていて、この1頭だけが元気でした。
カブトだから共食いとかはしないと思うけど、この1頭が他の2頭にエサを分けずに全て独り占めしたように思えます。
そもそも、多頭飼育にしてはケースが小さかったのが問題だったのかもしれませんが・・・
これからもし多頭飼育をする機会があれば、ケースは大きめのものを使用するように気をつけたいと思います。


ローゼンベルグ
DSC00001_20090505031452.jpg
最後の1頭が孵化!!
まさか、9個全部孵化するとは思ってもいませんでした。
2ndセット中の♀ですが、まだ出てこないんですがもうそろそろ割り出してもいい頃なんで時間を見つけて行おうと思います。

アクタエオンのマット交換

こんばんは!

アクタエオンゾウカブト
マット交換を行いました!
DSC09988.jpgDSC09992_20090504005839.jpg
♂130g(前回116g)                  ♀93g(前回76g)

140gくらいと予想していたのですが、予想よりも10g低い130gでした~
とりあえず伸びてはいるので良いとしますが、気になるのはこれからの成長ですね。
これから毎月10gずつくらい増えていけばなんとか200gいけそうですが、もし途中で止まったら200gは無理です。
まぁ、200gなんてそう簡単に出せる数字では無いので途中で止まる確立のほうが高いでしょうが・・・

しかし、惜しくもマルスの記録を超せませんでした・・・(マルスは131g)
でも3ヵ月後にはマルスを超すことでしょう!

しかし、もっと深刻な問題が・・・
DSC09989.jpg
この画像をよく見てください。
拡大すると分かりやすいと思いますが、幼虫の体にピンク色の粉みたいなのかついています。
そう、コナダニです。
コナダニについて調べていると、発生したら駆除する事は不可能なんだとか(涙)
でも、特に害は無いらしい・・・
害は無いとは言っても、なんか嫌ですね~
といっても駆除方法が無いのだから仕方なく新しいマットに入れることにしました。


ジャワギラファ
DSC09987.jpg
最後の♂が羽化しました!
ちなみに兄弟の中で一番大きい個体!
早く掘り出して計測したいです~

ムシモン菌糸交換

こんばんは!
眠いので短めに。

ムシモンオオクワガタ
DSC00003.jpg
31頭の幼虫の菌糸交換を行いました~
ムシモンは羽化までプリン1個で引っ張る予定でしたが、新品のプリンカップがたくさん余っていて使わないと勿体ないのでムシモンはプリン2個使うことにしました。
1回目18頭+2回目14頭なので32頭になるはずなので、落ちたのは1頭だけみたいです。

DSC09997_20090503032329.jpg
ちなみに菌床産卵のほうも割り出して見ると、5頭回収!
セットが無駄にならなくて良かったです~

アトラス産卵セット

こんばんは!
5月2日の昼ですが、とりあえず5月1日の記事として投稿します。

さて、いよいよ5月です!
夏にまた一歩近づき、ますます気分が上がりました!
そしてゴールデンウィーク!!
本当はむし社のセールとか行きたいけど、金が無いため行くことができません・・・
でも、5連休ということだけでも嬉しいです!
あと、ブログタイトルの下の一言コメントも毎月変えていくので暇な人は見てみてください!

アトラスオオカブト

DSC09999_20090502120237.jpg
予定より少し早めですが、産卵セットを組みました!
2頭同時にいきます!!

同じようなセットが2つあるとややこしいので、49mm(左)の♀のほうをセットA42mm(右)の♀のほうをセットBとします。
セット期間ですが、これで1ヶ月では採れすぎてしまうので2週間くらいにしたいと思います。
もしかしたら♀を取り出すついでに採卵になるかもしれません。
まぁ、その時に時間があればの話ですが・・・

DSC00001_20090502120237.jpg
アトラスネタということで、♂の画像も一枚!!


ニジイロクワガタ
DSC09998_20090502120238.jpg
いつの間にか♀が蛹化してました!
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。