スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別の♀もセット!

こんばんは!

メタリフェルの最初の♀をセットしてから1ヶ月が経っていたので、そろそろかと思いもう1頭の♀もセットを組みました!
DSC08615.jpg
先にセットした♀と同じく、コバシャ小のお手軽セットです。
ちなみに先にセットした♀は、あまり期待できません・・・
おそらくボウズか?!

その分、こちらの♀にはたくさん産んでもらいたいです。
しかし、アクシデント発生!
DSC08620.jpg
♀の腹からなんか出ている・・・(汗
おそらく産卵管だろうか?
こうなった原因はよく知りませんが、こうなっては産卵できるか心配です。
もう1頭は産んでなさそうなのにこんなでは困ります!
とても心配ですが、頼むから産んでくれ~!
スポンサーサイト

種親変更

こんばんは!

ちょっと前にオリジナル血統ブリ開始ということで異血統のペアを同居させたパプキンですが、どうも♂が弱っていて交尾どころでは無さそうなので別の♂と取り替えました。
DSC08613.jpg
予備の♂ということなので、前の♂に比べると色は明るめのグリーンです。
といっても前のモスグリーンの個体の兄弟なので、♂モスグリーン系♀ブルー・パープル系の遺伝子が入っていることに期待です。

でもできれば前の♂がすでに交尾してあることを祈りたいです。
可能性は低いですが・・・
とりあえずセットは10月中旬くらいに組みたいので、それまでに交尾してほしいです。

最初の♀蛹化

こんにちは!
今夜は宿題に集中したいので昼間のうちに更新です。

1本目の菌糸に入れて以来記事を書いてなかったスマトラヒラタですが、昨日だったか一昨日だったか最初の♀が蛹化しました!
DSC08595.jpg
ちなみにAグループ(冷やし虫家グループ)のNo.12の個体です。
意外なことに常温飼育のBグループよりも早く蛹化しました。
でもAグループで蛹室を作っている個体は他にいません。
投入した時にNo.2~10の個体が2令だったのに対し、この個体は3令での投入だったのでそれのせいかもしれません。
とりあえずAグループはもし蛹室を作り出したら常温に移しますが、できれば♀でも2本使って大型の♀を羽化させたいです。

ちなみにBグループはコンテナに入っていたのであまり観察しませんでしたが、そろそろ蛹室を作っててもおかしくないと思い、コンテナから出して観察してみると・・・
DSC08603.jpgDSC08605.jpg
やはり5頭が蛹室を作ってました!
しかしラベルの貼ってある裏に蛹室を作る個体が1頭くらい出るかな~と思ってましたが、出なかったので良かったですw
ちなみにNo.10の個体はまだ幼虫をやっているようです。
♂はもうこの瓶じゃ狭く感じるので、もう少ししたらだるま瓶にでも移そうと思ってます。

しかし、観察しているとある事に気がつきました。
DSC08610.jpg
これはBグループのNo.5の個体です。
画像をクリックすると分かると思いますが、左中足と後足がありません!
何が原因かは分かりませんが、こういうのを見ると可哀想に思えてきます。
でもどんな蛹になるのかちょっと気になります。
蛹になった際に足が復活するのか・・・
まぁ、そうなったとしても足が他の足より短かったりと奇形個体になってしまうでしょうが・・・
とりあえずこれからこの個体に注目していきたいです。

ブルー血統セット開始!

こんばんは!

今日はブルー血統パプの産卵セットを組みました!
DSC08602.jpg
セットを作ったのが数日前なのでカビが生えていますが、産卵には影響しないでしょう。
今回のセットはマットの中に、マットを固めてある産卵木のようなものを1本入れてみました。
ちなみにコレはお盆に親戚の家に行ったときに親戚がくれた物です。
マットを固めてある=超やわらかい産卵木 なので、パプキンにはピッタリです。
実はもう1本あるので、そっちはオリジナル血統に使う予定です。

以前も書いた気がしますが、ブルー血統は次の代で累代停止する予定です。
なので数はそんなに多くなくて十分です。
でも今回、コバシャ中なのでパプキンにしては広いセット・・・そしてマットを固めた産卵木が入っているので爆産の予感が・・・
まぁパプキンは今年はプリン1個で羽化させようと計画を立てているので、爆産してもそれほど困りませんが・・・
とりあえず次世代はテラリウム用(テラリウムは年末年始頃に復活予定)なので、特にサイズは狙いません。

♀2頭無事

こんばんは!

7月の終わりに1本目に投入した山梨産オオクワのうち、1本だけ幼虫を2頭入れてしまったボトルがありました。
そのボトルは2頭いるだけあって菌糸がほとんど食い尽くされているので、まだ2ヶ月も経っていませんがこれだけは特別扱いということで菌糸交換しました。
DSC08593.jpg
掘り出してみると、意外なことに2頭とも無事です!
体重は測ってませんが、やっぱり♀2頭っぽいです。
クワガタの場合共食いが発生しやすいとのことで2頭共存は半分諦めていましたが、今回2頭とも生きていてビックリしました!

DSC08594.jpg
そしてこの2頭はまたもや1本の瓶に・・・
菌糸瓶の在庫はある程度あるのですが、どうせならこのまま共食いせずに羽化させてみたくなり、この2頭は羽化までずっと一緒に暮らしてもらいたいと思ってます。
オオクワの♀は菌糸瓶2本で羽化させるのが一般的のようですが、この2頭の場合3本は必要としそうです。
もし3本しか使わずにこの2頭が無事羽化できれば、菌糸瓶の節約に繋がります!
サイズは小さめになってしまうかもしれないけれど、菌糸瓶3本で2頭を羽化させる事ができれば大発見です!
羽化はまだまだ先になりますが、今後もこの2頭は注目していきたいと思います。

話は変わりますが、ワメナ産パプの♀の前蛹がまた1頭☆になりましたorz
しかしこの血統は何故か知らないけど弱いです。
むし社で5頭買ったのに、生きているのは♂っぽい幼虫1頭のみです。
♀っぽいのはこれが最後なのでワメナ産は累代不可能ということに・・・
とりあえず最後に残った♂らしき幼虫は無事に羽化してもらいたいです。
ここ最近羽化するのは♀ばかりなので、早く♂の羽化を見たいです。

しかし今年、ありえないほど♀によく偏るなぁ~
スマトラやダイオウはまだ許せるけど、アルファック産パプキンの7頭中7頭♀なんていうのはショックでした。
そんな中、山梨産オオクワが半々くらいに分かれてくれたのが唯一の救いです。
にしても最近全然大型種の♂の羽化というものを見てないな~
おそらく今の状況からすれば次に♂が羽化して来る大型種といえばダイオウヒラタだろうか・・・
待ち遠しい~~

ダイオウ2頭目羽化

こんばんは!
忙しいので短めに~

今日、ダイオウヒラタの2頭目の♀(No.5の個体)が羽化しました!
PPボトルなので中がよく見えないですが、完品で羽化しているといいです。
(下にスクロールすると管理表があります)


















ダイオウヒラタ幼虫管理表
管理番号孵化1本目(菌糸)2本目(菌糸)3本目羽化性別成虫サイズ
No.15月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.25月7/5 800cc9/21 だるま1500(28g)/(g)/mm
No.35月7/5 800cc/(g)/(g)9/19mm
No.45月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.55月7/5 800cc/(g)/(g)9/25mm
No.65月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.75月7/5 800cc9/21 だるま1500(27g)/(g)/mm

パラワン♀取り出し

こんばんは!

8月からセットしているパラワンですが、今日♀が出てきていたので取り出しました。
DSC08592.jpg
セット後だというのに、♀はとても元気です。
しかしあまりにも元気すぎるので逆に産卵したのか心配だ・・・
セットから幼虫が見える様子も無いし・・・

イヤ~な予感が(汗
もしその予感が当たってたら♂が元気なので追いがけして再セットする予定です。
でもできれば外れてくれ~!!

オリジナル血統スタート!

こんばんは!

アルファック産のカテゴリやブルー血統のカテゴリで前から言っていましたが、アルファック産の♀とブルー血統の♂を掛け合わせてオリジナル血統を作るという計画を立てていました。
そして今日、いよいよその計画が実行しました!

まずブリードでスタートとなるのがペアリングです。
その前に種親を紹介します。
DSC08581.jpg
パプキン♂
アルファック産 累代数不明
色モスグリーン 2008年7月15日羽化

この♂は、今までブルー血統として飼育してきた個体のうちの1頭です。
兄弟の♂はグリーン~モスグリーンあたりの個体が多く、♀はパープルの1頭のみです。
ちなみにこの個体、裏側はややブルーが混じっていて期待がもてます。
DSC08579.jpg
パプキン♀
アルファック産 WF1
色グリーン2008年8月21日羽化

この♀はアルファック産のカテゴリの血統の中で一番ブルーに近かったものです。
といってもグリーンにほんの少しブルーが混じっているだけで完全なブルーとは遠くかけ離れていますが・・・
でも僅かな期待を込めてこの個体を♀親に選びました。

DSC08578.jpg
2頭の表側はこんな感じです。
♂が若干弱っているので、頑張ってもらいたいです!
こんな感じで、交尾が確認できるまで同居してもらいます。

卵確認!

こんばんは!

先日穿孔したと書いたタランドゥスですが、運良くボトル側面に坑道を掘って産卵床を作ったため、卵を確認できました!
DSC08584.jpg
コレがその画像です。
暗くて分かりずらいですが、この中に4個ほど卵が見えます。
おそらく見えないところにまだ卵があるのだろうけど、とりあえず確認できるのはこれだけです。
本当は10個くらい産んでいると嬉しいですが、この4個が無事に孵化すれば飼育するには十分です。
前回のセットでは産卵したものの、卵が腐ってしまうなんていう事故があったので、今回は腐ってしまわないように見守りたいです。

♂2頭菌糸交換

こんばんは!

数日前に注文していただるま瓶の菌糸瓶が届いたので、今日はダイオウの♂幼虫の菌糸交換をしました。
No.1,3,4,5,6の個体はもう蛹室を作っている(=♀)ので、まだ蛹室を作ってないNo.2,7の個体を♂とみて掘り出しました。
DSC08585.jpg
体重は、No.2が28gでNo.7が27gとほぼ差はありませんでした。
でもNo.7のほうは掘り出す際にちょっとスプーンが当たってしまった感じなので、これから弱ってしまわないか心配です。
今回♀に偏ってしまったため、♂には頑張って羽化してもらいたいです。
(下にスクロールすると管理表があります)


















ダイオウヒラタ幼虫管理表
管理番号孵化1本目(菌糸)2本目(菌糸)3本目羽化性別成虫サイズ
No.15月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.25月7/5 800cc9/21 だるま1500(28g)/(g)/mm
No.35月7/5 800cc/(g)/(g)9/19mm
No.45月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.55月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.65月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.75月7/5 800cc9/21 だるま1500(27g)/(g)/mm

交尾確認!

こんばんは!

今日はパラワンの♀をセットから出そうとセットを開けて産卵材を取り出して♀を探してみたのですが、♀は出てこず・・・
ちなみに材には齧った痕が少しあるが、材の周りやケース底からは卵&幼虫は確認できず・・・
うーん、これは期待していいんだか悪いんだか。
しかし、早く♀が出てきてもらわないと困ります。
やっぱり割り出しは1ヶ月ほど待たないと幼虫で回収できないので・・・
(ちなみに僕は卵の管理がとても苦手です)

話は変わりますが、今月の上旬から同居させていたブルー血統パプですが、今日合体している姿を確認できたので別居させました!
実はこのペア、同居した時からなかなか交尾してくれなくて少し心配していました。
それに♂と♀がケンカしちゃう時もあったし・・・
ですが今日、なんとか合体成功です!
しかし♂は、♀に1箇所符節をやられてしまったらしく若干弱ってるような・・・
この♂はこれからアルファック産の♀とペアリングする予定なのでなんとか頑張ってもらいたいです。

ブルー血統の♀ですが、気が付けばもう羽化から3ヶ月ほど経っていて、寿命が心配なので今月中にセットを組もうと思っています。
ちなみにブルー血統はこの次の代で累代停止とする予定でいます。
やっぱり「入手先はオークション=他人が作った血統」というのがなんとなく嫌なので・・・
とりあえず今回のセットから採れる幼虫は遊び感覚、というかテラリウム(年末頃復活予定)用に育てようと思います。
その分、この血統×アルファック産のオリジナル血統は力を入れてブリードする予定です。

ダイオウ羽化

こんばんは!
何故か知らないけど激眠いので、今日は短めに~

昨日の日記で書いたとおり、今日ダイオウの最初の♀(管理No.3の個体)が羽化しました!
画像ナシです~
PPボトル越しなのでイマイチよく見えませんが、完品っぽいです。
とりあえず安心しました!

それに伴って管理表も更新~
No.3の欄はあと成虫のサイズを入れれば完成です!
ちなみにNo.6の個体が数日前に蛹室を作りましたが、大きさが♀っぽいです。
ちなみにNo.2,No.7の個体はどうやら♂の模様。
注文していた菌糸が昨日届いたので、この♂っぽい幼虫を近日中に引っ越す予定です。
(下にスクロールすると管理表があります)


















ダイオウヒラタ幼虫管理表
管理番号孵化1本目(菌糸)2本目3本目羽化性別成虫サイズ
No.15月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.25月7/5 800cc/(g)/(g)/♂?mm
No.35月7/5 800cc/(g)/(g)9/19mm
No.45月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.55月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.65月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.75月7/5 800cc/(g)/(g)/♂?mm

残り2頭に・・・

こんばんは!
今日は木曜で帰りが早いということもあって、ネタが非常に豊富です。
といっても小さなネタを重ねた感じですがw

まず昨日からなんですが、ブリードルームでアクシデント発生!
DSC08565.jpg
デジタル温度計(左上)がぶっ壊れたOTL
おそらく電池切れか?
ちなみにこの温度計は家に2台ありますが、故障したのは後から買ったほう。
これはどういうことだ?
多分電池を取り替えれば直るんでしょうけど、電池買いに行くのめんどくせぇー
というかどれを買えばいいのかよく分かんない~(涙)
これ一台1800円もしただけにショックです。
新しいのを買うのも今の状況では難しいので、やっぱり電池を買うしかないかなー
DSC08570.jpg
とりあえず現在は普通の温度計を入れています。
元々冷やし虫家には温度計が設置されていますが、うちの虫家は風通しが悪いので誤差ができてしまいます。
(ちなみに大体左の奥の方24度、右の手前の方22度)
なので、種類によって置く場所を決めています。
といっても今は左側に片寄り気味ですがw
まだ先の話ですが、アルキデスの幼虫が採れたら右の方に入れようかと思っています。

DSC08566.jpg
さて、こちらは虫家内で飼育しているスマトラヒラタの♀幼虫。
風のよく当たる右側の方のボトルはきのこが生えてくるので、きのこを収穫していたらこんなのを発見・・・
蛹室??
しかし、スマトラヒラタは常温飼育の個体ですら蛹室を作っている個体はまだいない・・・
この個体は冷やし虫家の中(しかも風の当たる温度の低いところ)での飼育なのに常温より早いとは・・・
これはどういうことだ?

でもこれ、ただの坑道に見えなくもない。
輪郭は蛹室っぽいですが、普通蛹室だった場合は周りが変色するはず・・・
まぁ、作り始めってことも考えられますけど。
とりあえず今後も様子をチェックしてみます。

話は変わって、ワメナ産パプキン。
というかこれが今日のメインのネタ。

先日の日記で「蛹室を確認!」とか言ってましたが、残念ながら2頭が前蛹で☆にorz
原因はよく分かりません。
最近温室内の上部は28度くらいですが、真夏の30度前後で過ごしてきたアルファック産のパプは全員無事に羽化しています。
なのに何故ワメナ産は・・・
アルファックのほうが標高が高そうな感じなのに。
これはどういうことだ?

で、結局今は前蛹(たぶん♀)と♂っぽい幼虫1頭のみ。
ちなみに♂っぽいのは一時は蓋に面した蛹室を作ったと思い込みましたが、その後暴れてしまいました。
♂っぽい幼虫が♀だったらショックですが、とりあえず落ちなければ1ペア確保できそうです。
DSC08564.jpg
気が付くと冷蔵庫の中に以前むし社で買った菌糸プリンが1個だけあったので、劣化しないうちに暴れている♂っぽい幼虫を移しました。
これでスイッチが入ってすんなり蛹室を作ってくれると嬉しいです。
大型狙いのクワガタでは蛹化前に交換するとサイズが縮むと言われてますが、パプキンはサイズ関係無いので♪
(といってもチビは嫌ですけどねw)

また話は変わって、こちらはアルファック産パプの羽化個体。
ある程度時間が経っていたので♀を通常飼育ケースに移そうと人工蛹室を見てみるとこの様子。
DSC08568.jpg
やられたー!
今まで2,3回使われてきたこのパプ♀用人工蛹室。
それがもう使えない状態に~
DSC08569.jpg
犯人はこいつです。
気のせいかアゴが他の個体より鋭く感じます。
しかもこいつ、赤90%緑10%
嫌がらせですか?(爆)
というわけでなかなか理想の色の個体は出てきてくれません。
まぁそのほうが累代する価値があるからいいか!(←言い訳ww)

DSC08567.jpg
さて、本日ラストのネタはダイオウヒラタ。
画像で分かるとおり、最初に蛹化した♀の羽化が近づいてきました!
羽化直前と言うにはちょっとまだ色が浅い気がするので、羽化は明日の午後あたりでしょうね。
おそらく明日のネタはこの個体の羽化報告となりそうです。

穿孔!

こんばんは!

先日おそらく最後のセットを組んだタランドゥスですが、今日確認してみると穿孔していました!
DSC08557.jpg
ケース越しでの撮影なのでケースに付いた汚れにピントが合ってしまいましたが、とりあえず画像です。
ボケてて見にくいですが、オガ屑の噴出量は微妙なところです。
すぐに出てきてくれなければいいのですが・・・
タランドゥスのセットはおそらくこれが最後なので、今度こそは産卵、そして幼虫が孵化してほしいです!

最後の♀羽化!

こんばんは!
今日は疲れているので短めに~

8月から嫌と言うほどあったアルファック産パプキンの♀の羽化ですが、それもいよいよ最後となりました~
今日、最後の♀が無事に羽化しました。
面倒だったので画像はありません。

ちなみにこの血統はブルー血統と掛け合わせてオリジナル血統としていく予定なので、このカテゴリでの更新はこれが最後となりそうです。
それにしても、早くブリしたいです♪

期待できない・・・

こんばんは!

先日初めて幼虫の姿をケース底から確認できたニジイロですが、最近♀は上に出てきてばっかりで産んでいる様子が無いのでせっとから出しました。
ちなみにケース底に見える幼虫は1頭のまま・・・
まさかこの1頭だけなんてことは無いでしょうけど、これでは結果が期待できません・・・

一応割り出して不満だったら再セットしてみますが、できれば1回にたくさん産んでもらいたかったです。
しかし今回は真っ暗な中で、しかもコバシャ大で期間も長めにとったので余計に残念です。
でも割り出してみたら以外に中にいっぱい!なんて展開もありえるので、割り出しが待ち遠しいです。

アルキデス再セット!

こんばんは!

7月に割り出してボウズだったと書いてから更新してなかったアルキデスですが、涼しくなってきた事もあって再セットすることにしました!
以前、♂と追いがけしてから~~と書きましたが♂は残念な事に2週間くらい前に☆になりました。
なので前回は温度が高かったからスイッチが入らなかったということにしておいて、今回持ち腹であることに期待してセットを組みます。
ダイオウでは、冬(その時は温室は無かった)に組んでボウズ→春に組んで7頭GETという経験もあるので、今回もダイオウのように温度が合わなかっただけであってほしいです。

DSC08555.jpg
今回、セットはこんな感じです。
このセットはダイオウの時に似ていて、材はエサ皿兼産卵木1本のみを使用です。
さらに、マットは若干水分多目にしてみました。
本やネットでそんなことは見たことありませんが、なんとなくヒラタ系は泥っぽいほうが良さそうな感じがして・・・
そしセットは、冷やし虫家(24~25度)の中に入れました。

ちなみに幼虫が取れたら一部を冷やし虫家で飼育しようと思います。
冷やし虫家の中でも風が直接当たるところだと20~22度くらいなので、その環境で飼育して大型化を目指します。
アルキデスは通常飼育だと大型が羽化しないとのことなので、冷やし虫家で飼育して迫力満点の80mmUPを作出してみたいです。

蛹化!

こんばんは!

先日繭を割ってしまったメンガタメリーですが、なんと・・・
DSC08553.jpg
蛹化しました!
しかも♂!!

コレにはビックリです。
しかし、画像を見ても分かるとおり、右後足と腹の隙間辺りが黒く変色しています。
おまけに頭部はディンプルがボコボコと~
おそらく羽化は無理でしょう。

でもこの個体が♀でなくって良かったです。
これが♀だとすればもう1頭も♀だろうので・・・
しかしこれで♂だということを知って、メンガタメリーは意外と小さい種である事が分かりました。
今回の個体は頭楯の発達が悪く見えたのでこれでも小型なんだろうけど、大型でも予想していたサイズよりは小さそうです。
もう1頭の個体も体重が同じくらいだったので大型は望めそうにないですが、無事羽化できるようにしばらく放置しておこうと思います。

ワメナ産前蛹に

こんばんは!

むし社で購入したと書いて以来全然ネタにしてなかったワメナ産パプキンですが、4頭が蛹室を作り出しました!
DSC08552.jpg
ちなみに前回の記事でマットの上で前蛹になってしまった個体がいたと書きましたが、その個体は☆になりました。
今回蛹室を作った個体の中で3頭は♀っぽいですが、1頭(真ん中のプリンの上に乗ってるやつ)は♂っぽいような気もします。
しかもこの個体、珍しくカップの蓋を蛹室の一部として蛹室を作っています。
まだ本当に蛹室なのか微妙なところですが・・・

とにかくこの4頭は上手い位置には作ってくれなかったので、またまたあの人工蛹室の出番となりそうですw
それにしても一番気になるのが、カップの蓋に接した蛹室を作った個体が♂であるか
最近♂の幼虫を見てないんでどのくらいだったか忘れてしまいましたが、今まで見てきたメス幼虫とはちょっとでかいような・・・
しかし蛹室の大きさは♀とさほど変わらない・・・
最近アルファック産では♀ばかりで、♂が1頭も羽化していないので久しぶりに♂の蛹を見てみたいものです。

さて、明日からは3連休!
といっても特に予定は無し・・・
普段通り虫いじりをする事になりそうですw

予想通り

こんばんは!

最近は9時から宿題をすると決めているので、7時~9時前後に更新するのが癖となっています。
別に悪い癖ではないのでこの調子を保てるといいですけどね~

今日は珍しく午後3時頃に帰宅!
まぁ木曜はいつも早いですが・・・
せっかく早く帰ったので、虫いじりするぞ~!!と思いきや特にやる事ナシ(T_T)
ケースや瓶の片付けするのもアレだしなー
時間がある時に楽しいことができないというのが一番嫌です。

仕方が無いので、どうせ産んでないであろうラコダールのセットを割り出してみました。
結果は予想通りボウズ。
セットに使ったマットはコバエも沸いておらず、捨てるには勿体無いのでマットプリンを作っておきました。

画像が無いので物足りないですが、今日はここらで~

産卵したけど・・・

こんばんは!

今日も家に帰って自分の部屋の棚をチェックしてネタ探し~
なんか羽化していればネタになるのですが、今日は何も羽化していないので行動を起こさなければ・・・

そこで目に付いたのがタランドゥスのセット。
♀は未だに材の中に居ますが、ネタが無いので暴いてみることにしました!
以前♀が出てきてから割り出すって言ってましたが、それは忘れてくださいw

DSC08509.jpg

ピンボケですが、これは中にいる♀を出入口から撮ってみました。
割り出しに邪魔なので最初に取り出しましたが、けっこうしぶとかったです。
やはり自分の子を守っているとしか思えませんね!
期待して割り進んでいくと・・・
DSC08511.jpg
黒い卵

この画像を見て気付くと思いますが、なんと産卵床がカビにやられてしまっています(涙)
これはショック~
次々と黒い卵は出てくるが、健康な卵はゼロ・・・
ということでまたしてもボウズ!(泣)
健康な卵が採れなかったことは残念ですが、とりあえず産んでくれただけでも嬉しいです。
タラを産卵させるのはこれが初めてなので・・・

しかし、せっかく産卵モードに入ったと思うとここで諦めてしまうのは悲しい・・・
なので
DSC08513.jpg
セットしちゃいましたww
ちょうどカワラ菌糸瓶があったので、今回は菌床産卵にチャレンジしてみます!
ボトルでセットすると側面から見えるように産む事が多いみたいなので、カビなどにやられそうになったら取り出すことができ、これなら産卵すれば確実に孵化までもっていけそうです。
しかし、割り出しが問題だな・・・
ブロー容器の場合はぶち壊して割り出すのが一般的みたいですが、このプラボトルではな~~
まぁ、ハサミで切れそうだったらぶち壊して、無理そうならスプーンで少しずつ掘って割り出そうと思います。

今回のセットなら緑色の卵が観察できると思うので、ボトル側面から見える位置に産卵してくれることに期待です。

ダイオウ次々と・・・

こんばんは!

DSC08506.jpg
先日ダイオウヒラタ2頭が蛹室を作ったのを確認したので、今日様子を見てみるとさらに2頭蛹室を作っていました。
ちなみに先日紹介した2頭のうちの1頭の前蛹はすでに蛹化しました。
今回蛹室を確認したのはNo.1,4の個体です。
画像左の個体は蛹室なのかハッキリしませんが、♀には間違いないでしょう。

とりあえず今回も管理表を更新したので載せておきます。
(下にスクロールすると管理表があります)


















ダイオウヒラタ幼虫管理表
管理番号孵化1本目(菌糸)2本目3本目羽化性別成虫サイズ
No.15月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.25月7/5 800cc/(g)/(g)/♂?mm
No.35月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.45月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.55月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.65月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.75月7/5 800cc/(g)/(g)/mm

No.6,7に関してはまだ不明ですが、No.2は明らかに今までの♀に比べて体の太さが違います。
なのでこの個体が♂である事に期待・・・これで♀だったら泣いちゃうよ
本当に♂であってほしいです。
しかしこの個体も暴れが酷いので早く大き目の瓶へ移さないと(汗
というかもう大型は狙えないだろうなorz
ちなみに1本目は7頭ともきのこの山のWISH-Aを使っていたのですが、この♂っぽい個体を2本目に入れ替えるとしたら月夜野さんのBasic1500を使おうと思ってます。
家にまだ月夜野さんのBasicクヌギブロックならあるのですが、詰め替えるとすれば蜂蜜2000になってしまいます。
実はだるまビンを手にしておきたいので、だるまビンと菌糸が一気に手に入るBasic1500を狙っているわけです。

まぁWISH-Aにもだるまビンに詰め替えられた菌糸は売っているのですが、月夜野さんに比べて値段が・・・
途中でメーカーを替えるあたり本気で大型を狙っていないと思われてしまいますが、決められた小遣いでやっている飼育なのでこれで我慢です。
ちなみに幼虫を2本目に入れ替えるとしたら、小遣いの入る今月の25日以降になりそうです。
今の小遣いでは菌糸瓶がギリギリ買えないので・・・・

話題が変わりますが(といっても虫の話題には変わりませんw)今日もパプキンの♀が羽化しました。
DSC08505.jpg
気が付けば3日連続・・・
蛹はあともう1頭いますが、流石に4日連続にはならなさそうです。
しかし、こんなような画像を今まで何回載せてきたことだろうか・・・
もうこのブログを見ている方も飽きたしょうね(笑)
正直言って載せなくてもいいと思っていても、なんか画像が無いと状況が伝わりにくいと思うので載せてしまいます。

もうアルファック産はあと1頭となりますが今度はワメナ産を人工蛹室で羽化させる事になるだろうので、またこんな画像が出てくると思いますw
その時はまたよろしくお願いします(笑)

気になって・・・

こんばんは!

7月に2本目の瓶に交換したメンガタメリーですが、その後なかなか姿を現さないので繭玉を作ったと予想してました。
繭玉系のクワガタは繭を壊すと死ぬと聞いていましたが、どうしても気になり・・・

気が付いたら瓶をホジホジしてました(爆)

DSC08488.jpg
そして繭玉と思われる物体を取り出しました!
振るとゴロゴロ何かが動く様子が感じられれば蛹になっているということですが、音がしなかったので羽化していると確信。
いよいよ割ってみることに・・・
DSC08489.jpg
あ・・・

ヤッチマッタヨorz
前蛹だと死ぬことは確実なので、もう諦めて繭玉を真っ二つにすることに。

割って見ると、繭玉内の蛹室は幼虫に比べて驚くほど小さかったです。
流石に小さすぎるのでこりゃぁ♀だな(涙)

DSC08491.jpg
どうせ死ぬことは分かっていますが、念のため繭玉ごと前蛹をコバシャタイニーに入れて管理する事にしました。
しかし、今回掘り出してしまったのは失敗でした。
メンガタメリーはもう1頭いるので、そちらはもっと放置しようと思います。

DSC08504.jpg
あと今日、また1頭アルファック産パプ♀が羽化しました。
これで多分5頭目です。
流石にこれほど羽化していると感動が薄いですw

ヘラヘラ初2令マットへ

こんばんは!

夏休みの終わりに到着したヘラヘラの初2令5頭を、今日はカップから出して引っ越しました!
DSC08479.jpg
カップから出すと、初令1頭、2令4頭となりました。
♂のほうが同時期に孵化した♀より加齢が遅いというので、♂1・♀4・・・・・んなこと無いよね(汗)
しかし、初令と2令でも差が激しいですね~
体重なら10倍くらい違ってそうですw
まぁ3令になってしまえば気にならない事でしょうが・・・

そして今回は、幼虫時の体重と成虫時のサイズの関係が知りたいので管理表を作りました!
♀は途中から多頭飼育する予定なのでデータが途中で止まってしまいますが、とりあえず5頭分作っておきました。
(下にスクロールすると管理表があります)














ヘラヘラ幼虫管理表
管理番号性別9/7
No.12令
No.22令
No.32令
No.42令
No.5初令

見て分かるとおり、クワガタの時の管理表とは多少異なった形式にしてあります。
とりあえず最初はこんな感じで、マット交換を重ねるごとに右に欄を増やしていく予定です。

DSC08481.jpg
今日入れ替ることになった5頭の引越し先はコバシャ小です。
マットはきのこの山のビートルマットを使ってみました。
こちらのマットは初使用ですが利用者も多いみたいだし、何より月夜野さんのきのこMatのようなキツイ臭いが感じられないのでこの血統のヘラクレスは全て羽化までこのマットでいこうと思います。

前にも書いたかもしれませんが、この状態で2~3ヶ月して5頭が3令になったら期待できそうな♂1頭を冷やし虫家で飼育していく予定です。
本当は角曲がりを起こした時などの予備にもう1頭入れたいですが、冷やし虫家内もスペースが無いので1頭だけで我慢します。

話は変わりますが、今日アルファック産のパプ♀がまた1頭羽化しました!
DSC08499.jpg
カラーはまたしてもレッドとグリーンが混ざった感じです。
パプ♀の蛹はあと3頭いるので、こちらに期待です!
といっても先日書いたようにブルーが羽化するとどれを種親にするか悩むんだけどねーw

爆産しれくれ~!

こんばんは!

今まで練習してきた体育祭の本番が、今日行われました!
練習は辛かったけど、今日の本番で上手くいくことがきでたので良かったです。
やっぱり練習は大切だな~と改めて思いました。

さらに嬉しい事に今日の振り替えで明日はもちろん、明後日も休みです!
それに来週学校に行くのは4日間だけ~
些細な事ですが、1日でも学校に行く日数が減ると嬉しいもんですww

さて、今日も家に帰ったらクワいじり~
しかーし
ブログのネタになるような事が見つからない・・・
夏休み中は旅行期間を除いて毎日更新できていたが、やはり学校が始まるとネタ切れ気味に・・・・

なんかネタになる物を探して色々様子を見ていると、こんなのを発見!
DSC08469.jpg
幼虫発見!!
何のセットからかと言うと、7月下旬に組んだニジイロのセットです!
なかなか幼虫が見えないんでボウズかも・・・と思っていたのですが、なんとか1頭幼虫を確認できて
安心・・・・・できるようなできないような

何故かというと、この1頭だけしか確認できてないからです。
本当は30~50頭くらい産んで欲しいところなので、これだけでは安心できません。
中にたくさん産んであるといいのですが、こういう時はあまり産んでなさそうな予感がします。
本当に30頭とか産んでれば、おそらくケース底が幼虫だらけになるだろうし・・・
なんか期待できないですが、とりあえず♀は今月末くらいまでは入れておく予定です。

期待大♪

こんばんは!
いよいよ明日体育祭の本番なので今日は短めに更新です。

8月22日に穿孔したと書いたタランドゥスの♀ですが、実は未だに材から出てきていません!
なんだかんだいって2週間も材の中のままです。
まさか☆じゃないあろうな・・・(汗

そしてあまりに気になったので、今日出入口を覗いて見ました!
すると出入口付近にで♀がじっとしていました。
息を吹き込むと触角が反応していたので、☆ではありませんでした~

これは産卵床を守る行動なので、これを見た瞬間期待しちゃいました!
もう穿孔から2週間なのでそろそろ割り出しても良さそうな気がしますが、♀が出入口でじっと我が子を守る姿勢をとられちゃ割り出し難いです^^;
しかしこの材は材の表面にキノコがよく芽を出します。
表面にキノコが生えるという事は産卵床が菌糸に巻かれているのでは・・・(滝汗
結構心配になりますが、無事を祈るばかりです。

気になるので早く割り出しちゃいたいですが、まだ卵だと思うのでなんか割り出す気分になれないです。
卵の管理に失敗したら嫌だし、でも緑色の卵も見たいし・・・・・

悩む事数分・・・

決めた!
♀が材から出てきてからってことでw

ブルー血統ブリ開始

こんばんは!

今日は体育祭の予行練習がありましたが、天気が曇りだったので昨日よりはマシでした~
本番の6日は天気予報では曇り後雨になっていますが、雨は降らないでほしいです・・・
なるべく早く終わりにしたいのでw

今日は同居中のメタリフェルを別居し、そこにパプキンのブルー血統ペアを入れました!
パプキンはブルー血統♂×アルファック産♀をブリする予定と書いていましたが、ブルー血統同士も今期にセットします!
DSC08460.jpg
パプキンはプリンで成虫まで持っていけるということなので、スペースのことは頭に入れません。
コストもかからないので、ここは爆産してほしいです!

セットはもうちょっと先になりますが、たくさん産ませるために何度も交尾を確認してから別居させる予定でいます。

期待の♀!

こんばんは!

今日も疲れました~
肌が日に焼けてヒリヒリします
あと本番入れて3日間!
がんばれ自分~(笑)

今日の虫ネタはアルファック産パプです。
羽化してからある程度経っていた♀個体がいたので、人工蛹室から出す事に。
DSC08456.jpg
表側は他の個体と変わりない胸レッド羽グリーンといった感じですが・・・
DSC08459.jpg
裏側が綺麗なグリーンです!
見方によってはちょっとブルーががって見えます。
可能性は低いだろうけど、この個体はブルーの遺伝子を持っていたり?
この♀は期待しちゃいますね~(笑)

ということで、現在家にいるブルー血統のモスグリーンの♂と交配させるのはこの♀に決定です!
交配予定の♂とは1ヶ月ちょっと羽化日が離れていますが、♀が1ヶ月くらい経ったらすぐにペアリングすればギリギリセーフでしょう!
それにブルー血統は今回はパープルしか生まれなかったので、この♀と掛け合わせれば明るいブルーが作れそうです。
僕はパープルより明るいブルーのほうが好きなので・・・
まだ先の話ですが、CBF1が成虫になった時の色がどうなるか非常に楽しみです~

あと、カップ底に蛹室を作って蛹化してしまったアルファック産♀2頭を空いた人工蛹室に移しました!
DSC08462.jpg
これでアルファック産パプキンの♀は全て人工蛹室に移したことになります。
ちなみに現在、今日移したのも入れてパプ♀蛹は4頭です。
この中にブルーが強いのが生まれたら種親はそれを使おうか迷いますが、ブルー血統の♂とは羽化時期が離れすぎちゃうのでなるべく上で紹介した♀を使いたいです。
というかこの4頭の中にブルーが入ってたら迷うからやめてくれ~ww
でもこの血統でブルーが羽化すれば喜べる!!

う~ん、複雑だ・・・

ボウズっぽい

こんばんは!

今日から学校で体育祭の練習が始まり、帰宅は6時~
普段から部活をやっていない自分(いわゆる帰宅部)にとってはキツイです。
それがあと3日(本番も入れれば4日)もあると考えると・・・
しかし、部活やってる人はこんな大変な日々を送っているんですね~
ほんとに帰宅部で良かったです(爆)

虫ネタですが、今日は冷やし虫家内でセットしていたラコダールの♀を取り出しました。
いつもマットの上に出てきているので、どうせ産んでないだろうと思いちょっと掘ってみましたが何も出ず。
やっぱりこれはボウズっぽいです。
ケースをひっくり返して確認したわけではありませんが、99%ボウズでしょう。

まだまだ♀は元気ですが、この種はもう諦めようと思います。
理由はやはりスペース不足です。
本当の事を言えばスペースはあるのですが、今後幼虫が生まれる予定のメタリフェルやパプキンに力を入れたいので、スペースの取りそうなツヤ系は我慢します。
スペースと金と時間があれば増やしたいところですが、そうはいきませんからね~

とりあえずセットはもしかすると下のほうに幼虫がいるかもしれないので、あと1ヶ月くらい待ったら念のため割り出してみます。

ダイオウ♀蛹化

こんばんは!

いよいよ今日から2学期スタートです!!
学校に行かなきゃならないとはいえ、宿題に追われていた夏休みよりは過ごしやすそうです。
でも明日からは体育祭の練習が・・・
といっても今週の土曜日に本番なので、練習期間は4日間です。
とはいえ運動嫌いの自分にとって4日+本番の5日間はキツそう・・・
早く今週終わってくれ~~!

今日は始業式で帰りが早かったので、久しぶりにクワいじりをしました~
夏休みの終わる5日くらい前から宿題に気合を入れていたので、クワとふれ合うのは本当に久しぶりです。
そこでまず幼虫に変化が無いか瓶やボトルを見ていると、こんなのを発見~
DSC08453.jpg
これは7月の初めに1本目の菌糸へ投入したダイオウヒラタです。
8月くらいに暴れているのを見たので3頭(No.1,3,5)冷やし虫家に入れていたのですが、暴れが収まる様子が無いので再び常温で放置していました。
そしたらいつの間にかNo.3,5の個体がこの様子~
しかもNo.3のほうはもう蛹になってます。
ちょっと見てない間にこんな変化があったとは・・・驚きです。

蛹のほうはボトルの底に窓が出来てしまっていますが、この程度なら羽化に影響は無いと思ったのでこのまま羽化させてしまう予定です。
ちなみにこの2頭は、どちらとも一旦冷やし虫家に入れた個体です。
一度冷えてまた温度が上がったから他の個体よりも先にスイッチが入ったのか?
やっぱり虫の飼育に温度の変化は関係してそうですねー

(下にスクロールすると管理表があります)


















ダイオウヒラタ幼虫管理表
管理番号孵化1本目(菌糸)2本目3本目羽化性別成虫サイズ
No.15月7/5 800cc/(g)/(g)/♀?mm
No.25月7/5 800cc/(g)/(g)/♀?mm
No.35月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.45月7/5 800cc/(g)/(g)/♀?mm
No.55月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.65月7/5 800cc/(g)/(g)/mm
No.75月7/5 800cc/(g)/(g)/mm

性別が判ったということで、管理表をちょっと編集してみました。
といっても性別の部分だけですが・・・

ちなみに今回蛹室を確認したNo.3,5の個体、7月には♂だと思っていました。
その時は♂に偏っていると思っていただけに今回♀だったのはショックです・・・
となると他の♂だと思っていたのも、入れたときに同じような感じだったのでNo.1~5は全部♀かもorz
しかし、No.6,7は投入時に卵巣が確認できたようなできないような・・・
でもNo.1~5は暴れているのに対し、この2頭だけ落ち着いて食べています。
No.6は暴れだしちゃった感じもしますが・・・
とにかく、No.6,7に関しては性別がハッキリしません!
できれば♂であって欲しいですが・・・
とにかく、アルファック産パプのように全員♀とかいうのだけは勘弁してほしいです。
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。