スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験に向けて

久しぶりです。

いきなりですが、ブログ更新終了します。
もし気が変わって受験が終わったら復活するかもしれませんが、たぶんこれが最後の更新になるでしょう。
虫ですが、今期は山梨産オオクワだけブリードする予定です。(目標78mm!!)

では、今までありがとうございました!
スポンサーサイト

水槽&テラリウム レイアウト変更!

こんばんは!
約1ヶ月ぶりの更新です。
3月初めの学年末テストに向けての勉強に力を入れたいので、また1ヶ月くらい開くと思います。
そして4月になったらいよいよ受験生・・・
ブログを更新していられるのもあと僅かかもしれません。
あ~、でも夏までは遊んでいたいなぁ。。。

アクアリウム
またまたレイアウトかなり変更しました!
といっても2週間くらい前ですが・・・
レイアウトを変えた理由は、前のレイアウトでスネールが大量発生してしまったからです。

画像 354画像 349
今回は真ん中に存在感のある流木を1つ置き、その周りに水草を植えてみました。
あと、底床にソイルを使用しました。
さらにレイアウトを変えただけでなく、照明も以前の(12W)よりも明るいの(24W)に変えてみました。

画像はセットしたばかりの頃なので水草が短いですが、照明の影響もあってか今では水面に付近まで延びています。
水草の種類は、後景にハイグロフィラロタラ・インディカ
中景にグリーンロタラクリプトコリネ・ウェンティ
前景に南米ウィローモスミクロソリウム・ウェンディロフアヌビアス・ナナ付き流木
生体はこの画像を撮った時はオトシンクルス3匹しか入れていませんが、後にレッドビーシュリンプ10匹を入れました。
生体はビー中心にするので、オトシン以外は入れない予定です。
また今度更新するときに写真を撮って載せようと思います。


テラリウム
画像 344
クワガタテラリウムのほうもレイアウトを変更しました!
底床にバークチップ、エサ台を1つに爬虫類用の流木&人工植物とガジュマルのレイアウトです。
水槽のほうに新しい照明を使って以前の照明が余ったのでこっちに使ってみました!
照明があるのと無いのとでは大違いですね~
光もそんなに強くは無いので虫にはちょうどいい明るさです。

画像を見てわかるとおり、フローレスギラファオキピタリスノコ2匹を入れています。
入れてから2週間くらい経ちますが、大きさが違いすぎるためかケンカは起きません。
(残念ながら今までいたメタリフェル3頭はケンカし合って3頭とも☆になっていまいました・・・)


サタンオオカブト
画像 345画像 347
去年の正月にやってきたサタンが蛹化しました~
若干頭角がブレちゃってますが、この程度ならそれほど目立たないのでよかったです。
本当は蛹室のまま羽化させようと思ったのですが、線虫が沸いてしまったため人工蛹室に移すことになりました。
どうでもいいんですが、今回の人工蛹室はなかなかの力作です(本当にどうでもいい)
蛹化したのが正月なので、今月末くらいには羽化しそうです。


ダイオウヒラタ
画像 352
家にいるダイオウヒラタの♂3頭が無事に蛹化しました!
最大個体で41gのがいるので、期待しています。
85mmとかいくか?!


その他
ヘラクレス・ヘラクレス126gの幼虫 前蛹で落ちる
 ショック過ぎます・・・
 もう一方の個体は蛹化したみたいなので無事に羽化する事を願います。
・ネプチューン幼虫 ペアで落ちる
 原因不明です。
 これも高かったのでショック・・・
・ローゼンベルグ羽化
画像なしですが、ローゼンの羽化が始まっています!
掘り出したら写真を載せる予定です。

福袋!

あけましておめでとうございます。

冬休み中にブログを書こうと思ったのですが自分のパソコンの調子が悪かったのと課題が溜まっていたので冬休み明けになってしまいました~
今もパソコンの調子が悪いので親のパソコンから投稿しています。

020.jpg

冬休み中ですが、1月2日~3日にかけて東京の多摩にある親戚の家に行ってきたので、それと同時にむし社ランバージャックで福袋を買ってきました!

では内容の紹介です♪

むし社福袋(3000円)
021.jpg
・パラワンオオヒラタ80mmUPペア(画像なし)
・セアカフタマタ75mmUPペア
・オキピタリスノコペア


パラワンの画像が無いのは親戚にあげたからです。
(ついでに前回の記事で紹介したうちの98mm以下の4頭もあげました)
一応パラワンはケース入りだったのでメインだったみたいですが、80mmUPでメインにするのはどうかと思いました・・・
やっぱパラワンは90mm無いと。
セアカフタマタはラベルには75mm~79mmと書いてありますが、実際に計測したら83mmもありました!ラッキー!!
セアカは以前も70mmUPのやつを手にしたことがありましたが、80mmUPは一度手にしてみたかったので良かったです!
オキピタリスはおまけですね。
でもどうせなら飼育経験の無い種類が欲しかったかな~。

ランバージャック福袋(3000円)
022.jpg
・セアカフタマタ80mmペア
・スマトラヒラタ(ベンクール産)70mmUPペア
・ペレンメタリフェル60mmUPペア
・ヘラクレス・ヘラクレス幼虫3頭


ランバージャックは初めて寄ったんですが、店内が広くていいですね。
駅から若干遠いのが不便ですが、歩いて行けない距離ではないのでまた行きたいです。
福袋はメイン、普通種、おまけと入れるむし社と違ってどれも価格が均等なのが特徴みたいです。
(成虫3種類のラベルに書いてある価格はどれも1280円です)
ヘラクレスの幼虫は・・・ちょっといらなかったかも。マット代かかるし・・・

今回の2店の福袋を比べると、ランバージャックのほうが得なように感じます。
でもやや高めの種を狙うのであればむし社のほうが良さそうです。
(今回はそれがパラワンだったので残念でしたが・・・)
でももっと残念なのがどれも飼育経験のある種だったという事です。
というか、自分の場合ポピュラー種はほとんど飼育経験があるので3000円じゃ無理があるか??
来年・・・は受験で無理なので再来年は1万円福袋とかに手を出してみるか・・・

025.jpg
セアカフタマタがダブりました(笑)
カッコいい種なのでまだいいですが、2ペアよりは他の虫のほうが良かったかも。
ちなみに左がむし社の83mm、右がランバーの80mmです。
ついでにラベルも比較。
023.jpg024.jpg
ランバージャック安い!!

026.jpg
スマトラヒラタはどっちかというとアチェ産のほうが好みです。
ベンクール産も大きくなればカッコいいのかもしれませんが、70mm代の個体じゃ迫力が無いですね~


テラリウム
028.jpg
むし社の福袋のオキピタリスはテラリウムに入れました。

そしてランバージャックのメタリフェルも入れようと思ったのですが、その前に家にいるメタリフェルはどうなったかというと・・・
029.jpg
!?
なんか出ています。
フタを開けてみると・・・
030.jpg
なんと自力でマットの上まで出てきていました!
ということはその隣のボトルも・・・と思って開けてみると案の定出てきていました。

031.jpg
ということで、メタリフェルが3頭になりました!
にしても真ん中のWDはブリード物に比べると全然違いますね~
思いっきり威嚇しているし、体も微妙にブルーがかっていてWD独特の格好良さを感じます。

032.jpg
そしてこの3頭と♀をテラリウムに入れました!

034.jpg
全体的に見るとこんな感じです。
メタリフェルは大人しく多頭飼育もOKだとどこかのサイトで見た気がするのでそれを信じて3頭入れてみました。
ケンカしなければいいですが・・・


フローレンシス
035.jpg
去年の夏に中野のジャングルワールドで買ったフローレンシスが羽化しました!
1♂2♀と分かれ、♂はこの1頭のみ!!

・・・・・・ちっちぇー
いつかリベンジします!


練馬産ヒラタ
036.jpg
同じく去年の夏に買った練馬産ヒラタの幼虫。
こちらは♂60mmとまあまあ大型に育ってくれました!

国産ヒラタは外国産の小型個体と違って小さくても味があっていいですね~
そのうち離島産ヒラタとかにも嵌ってしまいそうです。
ブリードはできないけれど大切に飼育します。

パラワン集合!!

こんばんは!

2学期が終わり、いよいよ冬休みです!
通知表ですが提出物を時々出さない事があったんで心配だったけど、思ったより良かったです!
でも数学体育はやっぱりダメでした、、、
数学はテストの点数がよければもう1つ上を狙えるので、3学期はテストを頑張りたいです!
体育はもともと運動が苦手なので現状維持かな。

パラワンオオヒラタ
11月14日の記事幼虫時51gの蛹に期待!と書きましたが、その蛹が無事に羽化しました!
99mmの個体の幼虫時の体重が45mmなので100mm超すことは明らかでした。
そのサイズはなんと驚きの・・・















98mm
何故だああああぁぁぁぁぁぁ
ノギスの計測を間違えたかと思い、もう一度計測。
やっぱり98mm。

99mmの個体は45gで羽化。
この個体は51gなのに98mm。
この2頭を比較してみた。
(左99mm 右98mm)
画像 216
実際に手にとってみないと判りにくいが、99mmは体はスマートでアゴが長いタイプ。
それと反対に98mmは体がガッチリしていてアゴが若干短いタイプ。
つまり、51gもあった体重はアゴの伸びではなく体の横幅に持ってかれちゃったワケです。

これは人それぞれの好みの問題ですが、やっぱりパラワンといったらスラッと伸びた大アゴです。
多少体が細くなっても大アゴを伸ばすべきでしょう。
そうすればこの個体もきっと101mmくらいはいってた筈・・・
大アゴの形を自由にコントロールできればいいのになぁ~
とりあえず今回は無事に羽化できただけでも嬉しいし、98mmでも十分大型なので良かったことにしておきましょう!!

今回の羽化で飼育している5頭のパラワンは全て羽化したことになるので、集合写真を撮ってみました!
画像 214
上段左から99mm、98mm、96mm、
下段左から94mm、94mmです。
ちょうど5頭ということもあって、「甲虫戦隊パラワンジャー」って感じです(爆)
しかもコイツら戦ったら強そうです(笑)
しかし残念ながらパラワンジャー、再来年の受験に向けてクワカブ飼育は縮小中なので子孫は残せなさそうです。残念!!


ローゼンベルグ
今年の春に孵化したうちの5頭が生き残って雌雄は♂4♀1とかなり偏りました~
でも♂が多いのは嬉しい♪

そして先日、最初の♂が蛹化しました!
画像 209
なんと、長歯型!!
この個体は幼虫体重15gでどうせ短歯だろう、と思い込んでいたんですがまさかの長歯です!
というか、オウゴンって中型種なんですね。
タランドゥスと並ぶイメージからして重量感のある種って感じですが、体長だけ見ればオオクワに近い感じです。
オオクワだと20g=70mmだからこの個体はたぶん60mm台でしょう。
それにしても初のオウゴン系ブリードなので羽化が楽しみです。


アクアリウム

画像 236
またレイアウト変更しました!
いい加減変更しすぎですね、、、

まず、ウィローモス流木を別の物に変えました。
今までのレイアウトだとフィルターの吸い込み口が丸見えだったので、それを隠せるようにプレート状の流木を選びました。
そして水草ですが、クリプトコリネ・ウェンティーを追加しました。
クリプトコリネの仲間は一度溶けて環境に適した葉を新たに出すということなので、その変化が楽しみです。
そして、前景のピグミーチェーンサジタリアがいい感じにランナーを伸ばして茂みができてきています。
もっと増えて草むらになるのが待ち遠しいです。

しかし、後景のロタラ・ロトンディフォリアが思うように育ちません。
本来ならもっと葉が細長くて薄っすら赤みを帯びるのに・・・
とりあえずCO2が発生するブロックは入れてはいるが、本格的なCO2発生装置が必要なんだろうか?
それとも照明が弱いのだろうか??(12W1灯)
CO2発生装置は高いので手が出せませんが、ライトだったら買い換える価値はあるかもしれません。
お年玉をもらったら買い換えようか検討します。

あと、タイニムファですが、大型化するっぽいので後景に植えてみましたがなかなか大きくならず、ハッキリ言って前景のピグミーチェーンに隠れてしまっています。
とりあえず葉の数は増えているので生長はしているみたいですが、もうちょっと時間が必要なのかもしれません。

画像 238
そして生体も追加!!
レッドビーシュリンプ!!
前から一度飼ってみたかったのですが、チャームさんのクリスマスセールで安売りしていたので10匹買いました!
ビーシュリンプは水質の変化に弱いということなので何匹かは落ちる覚悟で買ったのですが、家に来て5日経った現在、10匹とも元気です!
初日は落ち着かずに泳ぎ回っていてカージナルに追いかけられたりしていましたが、今ではウィローモス流木のまわりで落ち着いています。
低床が砂利ですが、繁殖してくれると嬉しいです。

しかし、この水槽はミナミヌマエビもいるんだよな~
この2種は交雑はしないらしく混泳も問題無いということだが、勢力争いで負けてしまわないか心配です。
やっぱりビーならビーだけで統一したほうが綺麗だろうし・・・
水槽はもう1つあるので(父も熱帯魚をやっている)、そっちにミナミを移すべきだろうか。


この冬休みですが、年始にむし社に行く予定です!
まだ情報が出ていませんが、おそらく福袋を販売すると思うので福袋を買いに行きます。
むし社の福袋はいい物が入っているという噂なので期待しています。
結局増種することになってしまいますが、ブリードしなければいいだけの問題です(笑)
でもこれで既に持っている種類が当たったらショックだな、、、

カブト系羽化&蛹化ラッシュ!

こんばんは!

12月になり、2009年ももうすぐ終わりです。
そして来年は受験生、、、
こうやってブログを更新していられるのも今のうちなので、今を大切にしようと思います!
ちなみに冬休みに久しぶりに中野に行く予定なので、楽しんできたいです!

クワカブですが、現在カブト系の羽化&蛹化ラッシュです!
ということで種類ごとにいきます~

H.レイディ
画像 182画像 179
画像 180画像 181
9月末に蛹化したレイディの♂が羽化しました!
サイズはレイディにしてはまあまあ大型(?)の90mmです。
実はこれが初のヘラ系完品羽化だったりします。

小型の亜種ということであまり期待はしていなかったのですが、成虫を見てみると結構カッコいいです!
胸角以外は他のヘラクレスと変わりません。
レイディ型とバウドリー型があるようなのでビークワを見ながら確認してみましたが、うちのは頭角突起が無いのでどうやらレイディ型みたいです。


ゴホンヅノカブト
画像 163
レイディとほぼ同時にゴホンヅノも羽化したのですが、こちらは残念ながら羽化不全
ショックです・・・
そして数日後には☆になりました。。。


H.エクアトリアヌス
画像 201画像 203
1ヶ月ほど前に蛹室を作ったのですが、位置が悪かったので前蛹になるタイミングを見計らって前蛹を人工蛹室に移したところ、
見事蛹化しました!!

しかし、体に比べてツノが細く弱々しいような、、、(汗
バランスの悪い成虫にならないか心配です。


H.リッキー
画像 202画像 204
エクアトと同時に、リッキーも蛹化!!というより、気がついたら蛹になっていました(笑)
しかし残念な事に角曲がり
泣ける
まあ、痛々しいくらい曲がった角曲がりに比べてばまだマシか。


比較
せっかくリッキーとエクアトの2種が同時に蛹化したので、比較してみました!
まず、見た目ではエクアトは角の細さが目立ちます。
逆に、リッキーがすごく極太に見えます!
そう思うと余計にリッキーの角曲がりが残念です。
ちゃんと伸びていればかなりカッコいい成虫になっていたんだろうなぁ。

そして見た目だけでなく、体重も比べてみました!
意外な事にこの2頭、両方とも最終計測体重が89gです。
本来ならば両方とも同じくらいになるはずなんですが・・・
画像 174画像 185
(左リッキー 右エクアトリアヌス)
8gも差が出てしまいました。
これはエクアトの体液が角に行き渡らなかったからなのか?!
なんか、見た目もエクアトは腹が大きめで羽化したときに腹が翅の下に収まるか心配です。
とにかく、2頭とも無事に羽化してほしいですね~


その他
・サタンオオカブトのペアが蛹室作成中!!
H.ヘラクレスの♂2頭も蛹室作成中!!
と、これからも蛹化ラッシュが続く予定です!
サタンはこのままでも無事に蛹化しそうですが、ヘラヘラ2頭に関しては窓が大きくできてしまったため年末頃に人口蛹室へお引越しとなりそうです。
クワガタでは、リノケロス♀やダイオウヒラタ♀の羽化が始まっています。


アクアリウム
画像 207
画像 205画像 206
あれからまた色々レイアウトを変更して現在はこんな感じです。
水草は
・スクリューバリスネリア
・ウォーターウィステリア
・ハイグロフィラ
・アヌビアス・ナナ
・ウィローモス
・ロタラ・ロトンディフォリア
・タイニムファ
・ビグミーチェーンサジタリア

この8種を植えてあります。
右奥にあるタイニムファがピグミーチェーンサジタリアに隠れてしまっている感じなので、もう少し成長してもらいたいです。
左手前にあるハイグロフィラは何度もトリミングをしているのでいい感じに茂みを作っています。
水草はもうこれ以上入れるのは無理がありそうですが、フィルターの吸い込み口のところが丸見えなのでここを隠すようにもう1~2種類植えたいところです。

生体ですが、グッピーはちょっとこの水槽の風景に合わない気がしてきたので別の水槽の移ってもらい、カージナルテトラをメインにしてみました。
カージナル以外にはコリドラス・ハステータス×4、オトシンクルス×2、ミナミヌマエビ×多数、サザエ石巻貝×3、ペンシルフィッシュ×2がいますが、まだまだ過密なのでもう少し別の水槽に移す予定です。

パラワン99mm羽化!

こんばんは!

寒い日が続きますね~
家ではこたつを出しました!
国産オオクワも冬眠用のケースへ移しました~
冬がだんだん近づいてくるのを実感します。

パラワンオオヒラタ
画像 142
今年の1月頃に孵化したパラワンの♂が続々と羽化しています!
♀は夏の間に羽化したのですが、♂の羽化が思ったより早くこの画像の個体は菌糸瓶2本(800cc→1500cc)で羽化しました!
そして驚きのサイズが・・・

画像 143
99.5mm
まさか菌糸瓶2本でこのサイズが出るとは思いませんでした・・・
しかもこの個体、幼虫時の体重はパラワンとしては普通な45gでした。
期待していない個体から予想外のサイズが出ると嬉しいですね!

そしてもっと嬉しいのが、幼虫時48gだった羽化したばかりでまだ蛹室から掘り出していない新成虫幼虫時51gだった蛹がいることです。
この2頭は100mmUPの可能性が高いです!!
51gの個体は間違いなく100mmUPになるでしょう。
でもその個体はまだ蛹なので、油断できません。
どうか羽化不全というオチが無いことを祈ります。

ヘラヘラ幼虫126g!!

こんばんは!
一週間後には中間テストだというのに全然勉強していないので焦っています(汗
一年の頃は勉強が苦ではなかったけど最近になって面倒に感じてきちゃったからな~
どうにかして昔みたいな順位を取り戻したいです。

だったらブログなんて書いてないで勉強しろって話ですが、今日は嬉しい出来事があったので更新します!
DH.ヘラクレス
画像 073

2009年5月4日の日記で114gだった個体が、なんと126g!!
ブログには書いてませんが、途中8月12月に測定した時は113gで成長ストップか・・・と思っていただけに嬉しいです!!
これだけ体重があると140mm台後半は確実に行けそうです!
このまま体重を落とさずに成長してくれたら150mmも夢じゃない!?
今後の成長に期待が高まります!

だがこの個体は去年の8月孵化なのでこれが最後のマット交換・・なんて事もありえそう。
でもできればもう一度くらいマット交換して体重測定してみたいです。
その時にダイエットしてたらショックですが、130gとかになってくれたら嬉しすぎます!
まあとにかく無事に蛹化して完品で羽化してくれる事を祈ります。

ちなみにもう1頭の♂幼虫は普通サイズでしたが、こちらも無事に羽化できるといいです。


アクアリウム
画像 072
前回の記事で紹介したアクアリウムですが、あれから色々いじって現在はこんな感じです。
水草を入れたり出したりして結構変わりました。

生体のほうも観察していると色々変化があります!
画像 077
ミナミヌマエビの抱卵個体発見!
さらにこの個体の他にももう1匹確認!
この調子だとあっという間に増えそうですが、ある程度は魚に食われて数が保たれるか?!
画像 076
グッピーの稚魚が成長!
もうすぐ生後3週間になります。
色付くのが楽しみです!
画像 075
ペンシルフィッシュ購入!
4匹いたんですが1匹水槽から飛び出して干からびて死んでしまいました・・・
地味な魚ですが、泳ぎ方が独特で面白いです。
画像 078
グッピー ブルーグラス(ペア)購入!
やっぱりグッピーといえばコレ!っていうくらい定番の種類なので買っちゃいました。
水槽には既にグッピーの稚魚がいますが、ブルーグラスも繁殖させようと思います。

こんな感じで水槽内がまた賑やかになりましたが、これ以上は増やせませんね~
増やすとしたら水草かな。

では、テスト勉強頑張ります、、、(笑)

ゴホンヅノカブト蛹化!!

こんばんは!
気が向いたので更新します。

ゴホンヅノカブト
画像 005
今年の1月に買ったゴホンヅノの幼虫がなんと蛹化しました!!
初めて見るゴホンヅノの蛹・・・・感動!!
2~3ヶ月暴れてしまったのでやはりツノの発達が悪いですが、それでもちゃんとツノが5本あります!

しかし、気になることが、、
ネットで調べていると、幼虫期間1~2年とのこと。
今年の始めには確かに初2令だったのに・・・
何らかの条件によって早く蛹化したのか??
まぁ、予想したよりも早く成虫の姿が見れるので嬉しいです!

画像 001
別角度から撮影

初2令3頭買って生き残ったのはこの1頭だけなので、なんとか無事に羽化してほしいです。
9月になってゴホンヅノの野外品が販売されているのを見て手にしてみたいな~と思っている時だったので、ナイスタイミングの蛹化でした!


DH,レイディ
ゴホンヅノとほぼ同時に、DH.レイディの♂も蛹化しました!
こちらは福袋のオマケで付いてきたもので特に愛着があるわけでもないので蛹室のまま羽化させようと思います。
画像は撮ってないので、成虫になったら画像をUPする予定です。


アクアリウム
一ヶ月くらい前のことですが、アクアリウムを始めました!
といっても本格的なものではなく30cm水槽ですが・・・

そしてこれがアクアリウムの写真です。
画像 002画像 003

入っている熱帯魚はこんな感じです。
グッピーの稚魚十数匹
カージナルテトラ×10
オトシンクルス×2
コリドラス・ハステータス×4
ミナミヌマエビ×10
サザエ石巻貝×3

30cm水槽にしてはやや過密気味なので水換えを頻繁にして水質を保とうと思います。
グッピーはこの前のシルバーウィークの時に家に来た親戚がくれたペアを入れていたら、数日で稚魚を産みました!
今は親は別の水槽へ移し、稚魚のみ育てています。

水草はこんな感じです。
バリスネリア・スピラリス(左奥)
ミクロソリウム(右奥)
ハイグロフィラ・ポリスペルマ(左手前)
ロタラ・ロトンディフォリア(中央奥)
アヌビアス・ナナ付き流木(中央)
バナナプラント(右手前)
ウィローモスボール3個
ウィローモス付き流木

水草もちょっと入れすぎかもしれませんね~
まだ立ち上げて1ヶ月くらいしか経っていないのでこれからどのように変化していくのか楽しみです。
これからも色々とレイアウイトをいじくると思うので、その時はまたブログに載せようと思います。

10000HIT!!

こんばんは!

かなり久しぶりになりますが、とりあえず無事です。
1ヶ月以上も放置していたこのブログですが、気がつけば10000HIT達成していました!
今日はその記念にということで更新です。

現在のクワカブについてですが、最近あった出来事を箇条書きで書きます。
・DH.エクアトリアヌス♀75mm羽化!(大型!)
・パラワン蛹化
・アルキデス蛹化
・ギラファ♂99mm羽化
・フローレンシス蛹化
・ケンタウルスオオカブト幼虫2ペア購入

こんなところですかね~
他にも色々ありますが・・・

今後のクワカブ飼育ですが、これからも受験勉強に向けてどんどん減らしていきます。
これからブリードするのはニジイロと、来年の春の山梨産オオクワだけの予定です。
他にも色々とブリードしたい種はいますが、来年のことを考えてこの2種に絞りました。
そうなると今の半分以下の数になりますが、受験が終わるまで細々と続けていきます。

ブログの更新回数ですが、これからは今よりももっとへるかもしれません。
でも閉鎖するつもりは無いので、気が向いたときにまた書こうかと思います。


>ギラン8913さん
諸々の事情によりパプキンを送ることができなくなってしまいました・・・
本当にすいません。

美麗パプキン

こんばんは!

なんかもう、すっかり秋の気配を感じますね~
外はすっかり秋の虫の声だけになってしまったし、風は涼しいし・・・
気温が上がらない分クワカブの管理は楽ですが、まだお盆前だというのに夏が終わってしまったようで寂しいです。
本当に冷夏はもう嫌ですね。
一年で一番楽しみにしている夏で夏らしさを楽しめないとか最悪です。
来年も冷夏とかになったらブチ切れそうです

ではムシネタ!
パプキン
DSC00564.jpg
今年の春に割り出した個体たちが羽化しました!
今のところ7月に羽化した♀6頭しか掘り出してませんが、この6頭だけでもかなりの色彩変異があります。
この写真は屋外で撮影したのでよく色が出ていると思います。
特に、左から3番目の個体はレッド系の色ですが角度によってはパープル系にも見えます。
この♀は種親決定ですね!

しかしレッド系から来るパープルよりもブルー系やブルー系から来るパープルも飼育してみたいので、グリーン系の♀でもブリードする予定です。
来年に向けて数を減らすと言っていましたが、パプキンは綺麗な上に飼育も簡単でスペースを取らないのでずっと続けます。
しかし問題は、♂がまだ幼虫・・・
今から蛹室を作り始めたとしても、♀と2ヶ月くらいズレができてしまいそうな感じ、、、
短命種であるパプキンで2ヶ月のズレは結構キツイです。
頼むから早く蛹化してくれ~!


インターメディア
DSC00509.jpg
とりあえず♀をセットしましたが、爆産種のためセット期間は短めにするつもりです。
しかしセットしてから数日経つんですが、全然潜る気配が感じられません!
覗いてみるといつもマットの上でウロウロしてばかり・・・
まあ、どうしても累代したいわけではないので産んでくれなくても結構ですが。


コクワガタ
DSC00510.jpg
7月にまとめ買いした菌糸瓶がちょっと余ってしまいそうなこともあって、採集してきたコクワをセットしてみました。
♂35mm♀25mmと大きさは普通サイズですが、このペアから50mmUPが作出できればいいなーと思っています。
コクワなんで、まず産まないということはありえないでしょう。
太めの材を使ったので産みすぎちゃうかもしれませんが、心配は要りません!
地元産なので必要以上に採れてしまったら放虫できます。
(放虫と言うとちょっと印象が悪いですが・・・)


テラリウム
DSC00562.jpgDSC00561.jpg
久しぶりにサブテラリウムの画像でも載せます。
現在の入居者はメタリフェルペア+ムシモン5頭です。

ムシモンはメタリに追い払われちゃっているのかあまりゼリーを食べる姿を見かけませんが、テラリウム内にいる姿を見ると可愛いです。
ちなみにムシモンの幼虫はすべて羽化しました。
最近はコバエの姿も見るようになってきましたが、3~4日置きにゼリーを取り替えることでなんとか大発生は防いでいます。
でも交換を忘れたらあっという間に大発生で手に負えない事態になるでしょうね~
そうならないようにゼリー交換を頑張っています。



話が変わりますが、明日13日(木)から東京の親戚の家に遊びに行きます。
東京といっても郊外ですけどね。
帰ってきたらその時の話があるかもしれないし、無いかもしれません。

アクタエオン体重ダウン

こんばんは!

今日から8月ですね~
昼間は暑いですが、ここ数日は夜になると涼しいです。
しかも、もう秋の虫の声が・・・
蒸し暑い夜も嫌だけど、涼しい夜も秋が近いみたいな感じがして嫌ですね。
ところで宿題のほうですが、全然進んでません!!
今年は前半頑張るように計画を立てたはずだったのですが、なんだかんだいって結局後半に頑張ることになりそうです、、、
とりあえず今日から8月なので、これを機に本気を出そうと思います。
と言っても結局なかなか進まずに、お盆過ぎあたりから地獄の日々を送ることになるんでしょうけど(汗

アクタエオンゾウカブト
本題のアクタエオンなんですが、先日マット交換をした時の体重がこちらです。
DSC00454.jpgDSC00455.jpg
♂117g(前回130g)                   ♀88g(前回93g)
♂♀ともに体重ダウン・・・
特に♂は13gものダウンでかなりショックです。
予定ではこれから150gを超してだんだん200gに近づいて成長していくはずだったのに・・・
原因はやはり前回の交換の時にちらっと書いたコナダニなんだろうか・・・
でもコナダニってここまで影響が出るモノなんだろうか??
今はまだ成長期だってのに・・・

これでもう200gは無理でしょうね。
だけどせめて150gはいってほしいです。
まだあと2年くらいは幼虫のままでいるだろうから、その間に少しでも体重を取り戻してほしいです。


H.エクアトリアヌス
♀と思われる個体が蛹化!
何故「♀と思われる」なのかというと、この個体は前回79gで♀にしてはでかすぎるからです。
なので小型♂なんじゃないか?とも思っていました。
で、蛹室を作ったわけですが窓がケース底面に1箇所しかありません。
蛹室の位置と窓の関係からして♀っぽいんですが、チビ♂かも?ということで掘り出してみました。
DSC00379.jpg
掘り出してみると、やはり♀。
だけどこの個体、最終計測体重が79gということから予想はしていましたがかなりでかいです。
画像では伝わらないのが残念ですが、今まで見てきたヘラ系♀蛹に比べて圧倒的に大型です。
羽化したら70mm以上はいくんでしょうね~
羽化が楽しみです。
DSC00496.jpg
一方♂はマット交換を行ったところ、89g(前回100g)でした。
蛹化前なので減ることは予測していましたが、ちょっと減りすぎかな~なんて思います。


ゴホンヅノカブト
DSC00495.jpg
家に1頭だけいるゴホンヅノカブト。
前回の交換で43gに成長しているのを確認し、順調だな~と思っていたらやはり暴れてしまいました、、、
まだ蛹化するには早いような気もするんですが、そろそろ蛹化モードなんでしょうかね~?
あまり暴れ続けさせると体重が減りすぎて小型個体となってしまうので次の交換の時には中ケースで飼育しようと思います。


スマトラコーカサス
先日むし社で買ったスマトラコーカサスWD109mmですが、今日見てみると死亡していました(涙)
観賞用に買った個体なのでショックです。
エサはちゃんと与えていたので、やはり寿命なんだろうか。
これだからWDは怖い。
といってもコーカサスは飼育じゃこんなでかい個体出せないからWDを買うしかない。
下の写真は生きているうちに撮ったもの。
DSC00452.jpgDSC00453.jpg


ジャワコーカサス
確か正月くらいに買ったジャワコーカサス幼虫。
3頭セットだったのが1頭落ちて2頭で飼育を続けていたのですが、先日マット交換した時の体重で性別が判明。

♀2

・・・・・orz
激安(3頭で1000円)だったのが唯一の救い。


ペレンメタリフェル
74mmの♂とペアリングさせた♀の産卵セットと割ってみたところ、28頭の幼虫が採れました!
この血統は来年の受験勉強のことを考えて、この幼虫たちが成虫になったら累代終了にしようと思います。
なので今回は雌雄の羽化ズレを気にせずに、思いっきり飼育を楽しみたいです。
もちろん目標は80mm!!
今回は74mmが種親なので80mmを出せる可能性は高いでしょう!



佐賀産オオクワガタ
36頭いた佐賀産オオクワですが、頑張って減らした結果20頭が残りました。
そのうち、12頭は菌糸飼育8頭は材飼育にしてみました。
種親が小さいのであまり期待できませんが、菌糸飼育では75mmくらいが出せるといいです。
材飼育は以前色々な菌種の材でどれが大きくなるか実験するとか言ってましたが、予算が無いので8頭すべてシイタケ材にしました。
まあ今回はお遊び感覚です。
サイズは期待してませんが、ディンプルの無い綺麗な個体が羽化するのを楽しみにしています。

マルス1年経過

こんばんは!

2日連続で更新です!
ブログを書く気になったのはいいんですが、宿題が全然やる気になりません!!
夏休み入ってから一週間が経ったわけですが、宿題がほとんど進んでいません・・・
今年は前半に頑張って後半に楽できるように計画を立てていたんですが、結局今年も後半に宿題を溜めていってしまうことになりそうです、、、

マルスゾウカブト
数日前の話なんですが、マルスゾウカブトのマット交換&体重測定を行いました!
その結果は・・・
DSC00262.jpg
140g!!(前回131g)
前回の131gから、まさかここまで伸びてくるとは思いませんでした~
そういえばこのマルス、タイトルにも書いたんですが飼育開始から1年が経過しました!
そうえいばこの幼虫も去年のむし社のサマーセールで手に入れたんだっけ・・・
あれから1年が経ったわけですが、思ったほど長くは感じませんでした。
むしろ、あっという間といっても過言ではないくらい。

マルスは大体2年前後で羽化するみたいなので、こうやって巨大幼虫を見ていられるのもあと半年くらいでしょうね~
2年ピッタリで羽化すれば来年の3月なので、あとマット交換するのも1~2回っぽいです。
それまでに150gいってくれるともっと嬉しいですが、140gでも十分立派な大型個体が期待できそうです!


本土ヒラタ(練馬産)
練馬区産 F2 3令ペア
昨日書こうとして忘れちゃったのが、東京に行った日の帰りに地元のショップに寄るとちょうど練馬産ヒラタの幼虫ペアが売ってたんで買っちゃいました!
DSC00293.jpg
ヒラタを採集できなかったのでせめて幼虫だけでも・・・
ということで飼育も簡単そうだしとりあえず購入しました。
でもヒラタ採集はまだ諦めていません!
絶対来年リベンジします!


フローレンシス
フローレス島産 F2 幼虫3頭
DSC00294.jpg
昨日ちょこっとだけ紹介したフローレンシスですが、幼虫3頭を買ったので多頭飼育することにしました!
ケースはコバシャ中です。
蛹室は縦に作るということなので、羽化までコバシャ中でいこうと思います。
ヒメカブトは以前ギデオンを飼育したことがありますが、フローレンシスはギデオンよりツノが立派なので楽しみです!

練馬&中野

こんばんは!

2週間くらい空いちゃいましたが、とりあえず元気です。
18日から夏休み入ってたんですが、なかなか気が向かずブログを書けませんでした。
話すネタはいくらでもあるんですが、とりあえず20日(海の日)に行った東京の話から。

本来の目的は中野なんですが、中野に行く前に練馬に行きました。
ブログに予告することなくいきなり練馬が出てきましたが、何しに行ったのかというとヒラタ採集です!!
で、先に結果を言ってしまうとボウズ。。。

練馬にある有名な公園を何箇所か行ってみて頑張ってはみたものの、やはりヒラタは甘くなかったです。

DSC00278.jpg
だけどこんなのや
DSC00279.jpg
こんなのならいましたけどね、、、
・・・これよく見るとマムシのような!?(汗
DSC00277.jpg
唯一見つけたカブト。
東京でもいるんですね。

せっかく来たのにヒラタが採れなかったのが残念ですが、ヒラタのいそうな木が結構あったのでまた来年来ようと思います。
あとで調べてみるとヒラタは5~6月が発生期らしいので、来年行くとしたらその頃でしょう。
これでまた来年の楽しみが増えました!(若干負け惜しみ)

さて、お目当ての中野の話。
これからブリードは縮小することもあって特に欲しいのはいなかったんですが、とりあえず行ってみました!
今回行ったのはむし社とジャングルワールドです。
まずむし社では開店して一番乗りで福引にチャレンジ!
ガラガラ・・・2等!!
2等は結構いいほうなんだろうけど、今年の春、去年の秋と当てているので感動が薄いです。
1等か特賞なら喜べるんだけどな~

で、景品なんだけどあまりいいのがいないorz
オオクワ系が結構あったけど、オオクワ系はそれほど興味は無いのでトカラノコギリを選ぶことに。
DSC00291.jpg
トカラノコギリ 悪石島産 F4
で、家に帰ってケースを開けて確認してみると黒い!
♂は若干赤いですが、♀はどう見ても黒化型・・・
レア度としては黒いほうが上なんですが、オレンジ色が魅力のトカラでこの色は嬉しくないです。
家にもトカラがいるんでアウトラインブリードしようかと思ったけど、来年のことを考えて我慢します。

そういえば悪石島といえば皆既日食がありましたね~
茨城は曇ってて全然見えなかったけれど、テレビの中継で楽しむことができました!
悪石島に行った人は暴風雨で可哀想だったけど、生きているうちに一度見てみたいですね。
あの一瞬で暗くなって明るくなるのとか、一度体験してみたいです。

話を戻してむし社ですが、その後もう一度福引に挑戦!
・・・2等!!
2回連続で2等だったのでちょっと驚きました!
DSC00290.jpg
インターメディアツヤ ネグロス島産 WD
これ、以前からちょっと気になってた種です。
♂は100mmもある大型個体だったんですが、家に帰って観賞用にと以前作ったテラリウムに入れたら翌日死亡・・・
これはかなり凹みました。
原因として考えられるのは、この個体を入れる数日前までコバエ退治のためにテラの中にアースノーマットを入れていたんですが、それの毒が残っていたんだと思います。
アースノーマットは部屋全体的には使っていますが、やはり狭い空間ではちょっと強すぎたんでしょうね・・・
それにしても100mmの特大の♂は死んでしまうとは本当にショックです。
仕方が無いので残った53mmの♀をブリードしようと思います。
ただ、この種は簡単に爆産するらしいので期間を短めにして産卵数を抑えるようにします。

2回やって2回とも2等が当たったのでもう十分だろって思うかもしれませんが、実はもう1回やりました!
すると今度は4等!
4等は景品がいろいろあって迷いましたが、ワラストンツヤを選びました!
DSC00287.jpg
ワラストンツヤ スマトラ島ベンクール産 WD
サイズは♂70mmで、この種にしてはまあまあ大型です。
ワラストンはブリードがやや難しいみたいなのでブリードしません。

福引はとりあえずこれでおしまい。
そして店内を物色・・・
特に欲しいのはいなかったのだが、せっかくここに来て何も買わずに帰るのは嫌なのでコレを購入!
DSC00282.jpg
スマトラコーカサス ベンクール産 WD ♂109mm
でかい!!
DSC00286.jpg
太い!!
やっぱりコーカサスはいいですね~
しかも今回はちょっとレアなスマトラ産!
よく見かけるジャワ産と違ってツノが太いです!
しかも109mmと今まで飼ったことのない大きさなので、迫力満点です!
でもこれより大きいのがいると思うと・・・・
来年は115mmくらいのを飼おうかな(笑)
ちなみに♂単品で3000円弱しました。


そしてむし社を出てジャングルワールドへ・・・
ここで買った物を簡単に紹介すると
・ニジイロクワガタ ペア
・フローレンシスニセヒメカブト 幼虫3頭

以上です。
ニジイロは家にいる♂との交配用です。
画像は面倒なので省略します。

本当はもっと色々と書きたいところなんですが、眠いのでこのへんで終わりにします。

グラントシロカブト羽化

こんばんは!

なんか、すごい久しぶりですねー
1ヶ月以上間が空いてしまい、ご心配おかけしました~
期末テストも終わり、時間に余裕ができたので更新します。
しばらく更新しない間にネタが溜まってしまいましたが、とりあえず前回の近況報告みたいな感じで書いていきます。

グラントシロカブト
DSC00215.jpgDSC00214.jpg

♂が羽化しました!!
いいですね~、この白いボディ。
世界の魅力的なカブトの1つですね。

右画像をご覧になると分かると思いますが、若干ツノが左曲がりです。
でも羽パカもなく、大満足です!!
半年くらいは生きるみたいなので、活動開始したらテラリウムに入れたりして大切に飼育しようと思います!


ノコギリクワガタ
DSC00141.jpg
実は言うと、今年の採集で65mmという化け物が採れちゃいました!!
ノコギリも65mmクラスになると本当に化け物という言葉が合うくらいでかいです。
てか、アゴの湾曲が半端ないです。

しかも運の良いことに、38mmというこれまたでかい♀も採集しちゃいました!
そして現在、ペアリング中です。
この大型ペアを種親にして70mmを狙います!


ミヤマクワガタ
DSC00137.jpg
これは採集したんじゃなく、オークションで落としました。
今年は色々あって筑波山には行けそうにないので・・・
ちなみに画像が最大個体の60mmの♂で、この♂を含めて3ペアいます。
現在は冷やし虫家にて飼育中です。

ちなみにミヤマもブリードする予定です!
ミヤマのブリードは難しいと聞いてますが、現在ミヤマ専用のマットを注文しているのでそれが到着したらセットする予定です。


フローレスギラファ
DSC00150.jpg
現在、フローレスギラファの♂が続々と羽化中です。
画像の♂は93mmですが、なかなか立派!!
これで100mm超えたりしたらもっと凄いんでしょうね~
昔、103mmの個体を羽化させて家で飼ってたことがありますが、そのときはまだ自分が小さかったのでよく記憶にありません。

今いる個体からだと100mmに届く個体がいるかいないか微妙なところですが、ギラファのブリードはこの♂たちが羽化したら終了する予定です。
理由は来年が受験勉強で忙しくなるためです。
本当はブリードしたいところですが、受験のことを考えてブリードは断念します。


佐賀産オオクワ
去年の山梨ほどではないけど爆産!
36頭・・・・


インドアンテ
これまた爆産!
30頭・・・

一応菌糸瓶はもう用意してあるけど、産みすぎだろ・・・



他にも色々書きたいことはありますが、とりあえずこのくらいにしておきます。
今後のクワカブ飼育ですが、これからは本当に好きな種だけを残してだんだん数を減らす予定です。
となるとニジイロ、パプキン、ローゼンベルグ、メタリフェルあたりですねー
あと、国産種(ノコギリ、ミヤマ等)もやっていきたいです。
他の種類も色々やりたいところですが、来年の夏休みは受験勉強に集中したいので我慢します。

近況報告

こんばんは!

前回のお知らせはあまりにも突然だったため。心配をかけてしまったようで、申し訳ありませんでした。
でもやっぱり色々とやることがあるため、今までのように毎日飼育日記を書いていくというのは難しそうです。
なので毎日ではなく、時間のある時にまとめて更新ができるように夏休みに入ったらホームページを作る予定でいます。
まだ予定なので作らないかもしれませんが・・・

さて、ここ半月以上飼育日記を書いていないので、簡単に近況報告とします。

ヘラクレスヘラクレス(A血統)
DSC00014_20090521223135.jpg
♂羽化!したんですが、羽パカ&羽化不全・・・
とりあえず羽はセロテープで無理矢理閉じさせたんですが、その時にいじったショックで数日後に☆に・・・
ヘラクレスの羽化、これで3度目となるのですが3回連続で羽化不全です。
まさに「二度あることは三度ある」
今度蛹になって羽化するであろうエクアトは、人工蛹室を使わずに羽化させてみます。

ローゼンベルグ
1回目に割り出した9頭の幼虫のうち、7頭が無事に生きていました!
この7頭はカワラ菌糸瓶へ投入しました。
ちなみに♀は3ndセットで穿孔することなく☆となりました。

リノケロス
セットを割り出したところ、幼虫9頭・卵2個回収!
セット中に回収した4頭も合わせて、合計15頭!!
やや苦手なフタマタ系なので、この結果には満足です!

ハスタート
ペアリング失敗!!
♀の足が全て切断されてしまいました・・・
機会があったらリベンジしたいです。
その時は幼虫からで。

オキピタリス
ボウズと思われたセットを念のため確認すると、2頭の幼虫を回収!
♀2頭でないことを祈るのみ・・・

ペレンメタリフェル
幼虫は後から採れた1頭残して全て羽化!
最大個体は76mmと、目標の80mmにかなり近い個体が得られました。
そして現在、以前紹介したことのある74mmの♂を使ってペアリング中です。

ちなみに後から取れた1頭は♂っぽいのでカワラ菌糸(2000cc)に入れ、更に冷やし虫家(21度前後)
という環境で80mmを狙います!

グラントシロカブト
♂が蛹化!!
外から見える位置に蛹室を作ってくれたので、このまま羽化させます。
できればブリしたいので♀も早く蛹化してほしいところです。

ゼブラノコ
♀が羽化してきています。
今のところ羽化済みが2頭、蛹が3頭。

ムシモン
こちらも続々と蛹化・羽化。
しかし見えない位置に蛹室を作っている個体が多いのでプリンカップから出すタイミングに迷います。


他にも色々と書きたいことはあるんですが、とりあえずこのくらいにしておきます。
これからまた1~2週間くらい間が空くかもしれませんが、よろしくお願いします。
コメ返しもこれからはできなくなるかもしれませんが、コメントくれると嬉しいです。

お知らせ

突然ですが、色々あってしばらくブログの更新回数を減らします。
減らすというよりは、これからは気が向いた時に書きます。
夏休みに入る頃まではこの状態が続くと思いますが、よろしくお願いします。

ハスタート ブリード開始!

こんばんは!

ハスタートノコ
DSC00007_20090517191036.jpg
3月にやってきたハスタートですが、産卵に向けてペアリングを開始しました!

♀殺しの起こる種なのでハンドペアリングをしてみようと思ったのですが、2頭とも全然やる気なし・・・
一応エサは食べているので未成熟ってことはなさそうなので、仕方なく同居させてみました。
頼むから無事にペアリングが終了してほしいです。
いつ事故が起こるか分からないため、交尾が確認できたら早めに引き離そうと思います。


テラリウム
DSC09999_20090517191048.jpg
メインテラリウムで毎日を過ごしているスマトラス君ですが、よく見ると符節が一箇所欠けちゃってます・・・(涙)
カルコソマではよくある事故なんで、仕方無いといえば仕方無いんですが、、、
でもこれ以上は欠けないでほしいです。
流石に何箇所も欠けてしまっては見ていると痛々しいし、スマトラス君自身も気に登るのが難しくなるだろうし・・・

もしそうなったらスマトラス君は別のケースに移して別の虫を入れるようになるんでしょうけど、スマトラス君には長生きしてもらいたいです。


お知らせ
中間テストが近いため、明日からブログの更新を停止します。
中間テストがある29日(金)からは通常通り更新を再開する予定です。
途中にある土日は更新するかもしれないし、しないかもしれません。(その時の気分次第)

ちなみにその土日の手前にある22日(金)は学校の校外学習で鎌倉に行きます。
金曜日に疲れていなければブログにその話も書こうと思います。
神社や寺の歴史とかを調べるわけですが、楽しんでこようと思います!!

ケルブス成長!

こんばんは!
本当は今日からテスト勉強期間のため、短めに書きます。

ヨーロッパミヤマ(ケルブス)
マット交換を行いました。

DSC09992_20090517003121.jpg
デジカメの調子が悪いため色が変ですが、最大個体はNo.1で23gありました!
まあまあって所でしょう。
では管理表です。











ヨーロッパミヤマ(ケルブス) 幼虫管理表
管理番号孵化1本目(マット)2本目(マット)3本目(マット)羽化性別成虫サイズ
No.110月10/4 広口6002/13(5g)蜂蜜10005/16(23g)ダルマ1500/mm
No.210月10/4 広口6002/13(2g)蜂蜜10005/16(14g)蜂蜜1000/mm
No.310月10/4 広口6002/13(2g)蜂蜜10005/16(12g)蜂蜜1000/mm


体重からして、1♂2♀とみてよさそうです。
No.2の♀が妙にでかいような気もしますが・・・
今後どうするかですが、できれば4本目まで引っ張ってから蛹化してもらいたいです。
そして置き場所は今までどおり冷やし虫家です。


ゼブラノコギリ
DSC09994_20090517004709.jpg

最初の♀が蛹化!!
おそらく蛹化は真夏に入った頃だと思っていたので、ちょっと想定外!

アトラス爆産!

こんばんは!

アトラスオオカブト
セットから2週間が経っていたので、採卵しました!
2つのセット同時に行いました。

採卵する前の予想は各セットから15個前後で、合わせて約30個。多くても40個くらいかな~ってところでした。

では、その結果は・・・
DSC09987_20090516105129.jpg
セットA(♀49mm) 23個
予想よりやや多めです。

DSC09988_20090516105128.jpg
セットB(♀42mm) 42個
(画像では43個に見えますが1個は後ほど確認すると腐ってました)

産みすぎだぁぁぁぁ!!

合計65個!!
♀2頭使ったにしても、42mmの♀は明らかに爆産!!
・・・って喜んでる場合じゃありません。
65頭の幼虫なんて飼育できない、、、
真面目に減らさなければ。

ということで、ヒラ太さん、ファとうさん、syoki1234さん、その他今までにこのブログにコメントしたことの
ある方
欲しい人は遠慮なくコメントください。
幼虫が生まれたら送料は着払いで発送します。(6頭まで)
おそらく6月半ばくらいの予定です。
本当に協力お願いします!

DSC09989_20090516105128.jpgDSC09998_20090516105214.jpg
それで卵管理ですが、セットBから採れたうちの20個はエッグシェルターで、他はプリンカップに4~5個ずつ入れて孵化させることにしました。
65個となると卵管理だけでも結構場所を取ります。
これが全て幼虫になって個別飼育するとなると恐ろしいです。
まあダメそうな卵もあったので全て孵化するなんてことは無いだろうけど・・・

それにしても、やっぱりカブトは恐ろしいです。
2頭も使わずに1頭にするべきでした、、、


ムシモンオオクワ
DSC00010_20090516105129.jpg
初蛹化!!
♀かと思いきや♂でした!
ちなみに幼虫投入用の穴がそのまま蛹室になっちゃってます。

他にも蛹化している個体がいるか確認してみたところ、外側からは見えないけれど蛹の動く感じがするプリンカップがいくつかあるので蛹化しているみたいです。

スマトラオオヒラタ(アチェ)完結

こんばんは!

スマトラオオヒラタ(アチェ)
♂の集合写真を撮ったときにまだ蛹だった2頭ですが、羽化も完了し体も固まったので測定してみました!
DSC09999_20090515005742.jpg
    左♂84mm        右♂82mm

84mmの個体は幼虫時の最大体重が41gで、しかもかなり大きい蛹室を作っていたので90mm近い個体が出るかと期待していたんですが、思ったほど大きくなりませんでした~
大きいのは蛹室だけだったみたいで・・・

では、管理表を載せます!
今回の2頭で全て羽化したことになるので、管理表は完成です!




























スマトラオオヒラタAグループ幼虫管理表(完成)
番号孵化1本目(菌糸)2本目(菌糸)3本目(菌糸)羽化体長
No.16月8/18 800cc11/2(38g)1400cc12/21(32g)ダルマ15002/2783mm
No.27月8/18 800cc11/2(36g)1400cc12/21(36g)ダルマ15004/482mm
No.3(☆)7月8/18 800cc11/2(38g)1400cc12/21(40g)ダルマ1500死亡
No.47月8/18 800cc11/2(35g)1400cc12/21(41g)ダルマ15004/584mm
No.57月8/18 800cc11/2(41g)1400cc12/21(33g)ダルマ15002/1680mm
No.67月8/18 800cc11/2(40g)1400cc2/481mm
No.7(☆)7月8/18 800cc11/2(34g)1400cc12/21(32g)ダルマ15003/5
No.87月8/18 800cc12/344mm
No.9(☆)7月8/18 800cc蛹で死亡
No.107月8/18 800cc11/545mm
No.116月8/18 800cc10/下45mm
No.126月8/18 800cc10/1944mm

※No.3は3本目の菌糸内にて死亡確認
※No.7は羽化不全
※No.9は蛹を掘り出す時にスプーンが直撃して死亡

全て掘り出した結果から分かることは、幼虫時40gでも成虫時81mmにしかならなかったり、幼虫時32gでも83mmが出ていたりと幼虫体重がアテにならないことです。
まあ原因は蛹化前の暴れ具合によって左右するんでしょうけど、いくらなんでも上の例は差がありすぎでしょう。
幼虫時40gの個体は蛹化前にどんだけ暴れたんだって感じです。


さて、ブログを始めたばかりの去年の4月からずっと続けてきたスマトラオオヒラタ(アチェ)ですが、この記事を持って飼育日記終了です。
1年強の飼育でしたが、なかなか楽しませてくれました。
スマトラオオヒラタ(アチェ)よ、今までありがとう。
そしてこの経験を活かして、今年はベンクール産を頑張ります!!

スマトラオオヒラタ(ベンクール産)飼育開始!

こんばんは!

スマトラオオヒラタ(ベンクール産)
♂63mm WD
♀34mm WD

DSC00006.jpg

紹介するのが遅れましたが、GWにスマトラオオヒラタ(ベンクール産)が増えました!
ちなみに500円のくじ引きで手に入れました。
小型のペアだということを考えても安い!!

今年度はヒラタ系はブリードしない予定でしたが、ブリードしちゃいます!
スマトラは今までアチェ産を飼育してきたので、もうだいぶ慣れてます。
DSC00001_20090514012148.jpg
ということで、早速セットへ投入しました!
ペアリングが面倒なので持ち腹であることに期待してのセットです。
アチェ産のときは33頭採れてしまいましたが、今回は34mmと豆粒のような小型の♀なのでそんなにたくさんは産まないでしょう。
それに元々産卵数が多い種類では無いし・・・

たくさん産まれると菌糸代も大変なので、10~15頭くらい産んでくれれば嬉しいです。
小さな種親からですが、せめて80mmupの♂は羽化させてみたいですね~
ハッキリ言って63mmの♂じゃあ全然迫力ありません。
やっぱりオオヒラタは大型個体に限ります!


国産カブト
忘れられてそうですが、家には国産カブトも室内で飼っています。
3月に庭のマット捨て場から採集した5頭がいるんですが、ケース底から見ると全部蛹になっているのを確認!
本当は羽化して自力で脱出するまで待つ予定だったんですが、蛹見たさに掘り出しちゃいました~(笑)DSC00005_20090514013506.jpg
3頭とも立派ですね~

あれ?あと2頭足りない??
・・・・実はあとの2頭は一応蛹でしたが、角曲がりで、おまけにダニに襲われていてどう見ても無事に羽化できないで☆になってしまいそうな感じだったので処分しました。
ちなみに2頭とも角曲がりではあるけど♂なので、幼虫採集時の判別は間違っていなかったようです!

でも、3頭だけでもちゃんと蛹化できてよかったです。
今年の6月は色々と忙しくてなかなか採集に行けなさそうな感じなので、このカブトが成虫になったを眺めて夏気分を味わいたいと思います!
DSC00007_20090514013506.jpg
この3頭は、露天掘りにして羽化まで見守る事にしました!
それにしても、うまく間隔を空けて蛹室を作ってますね!!

エアコン故障&アンテセット開始

こんばんは!

数日前の話になるんですが、家で大事件が起きました!
その日は昼間の温度が高く、クワガタの部屋(=自分の部屋)のデジタル温度計には29度の表示があったのでこりゃマズい!と思って久しぶりにエアコンを入れてみることに。

スイッチを押す・・・・反応しない、、、
フィルターが詰まってるんじゃないかと思い、掃除してもう一度スイッチを押す・・・・・反応しない、、、、

故障です。
よりによってこんな時期に・・・
(真夏よりはマシですが)

これが大事件かよって思うかもしれませんが、虫を約200頭飼育している自分にとってはかなりの問題です。
このまま夏になれば確実に30度は超え、虫がバタバタと死んでいくと予想できます。

流石にこれは放っておけないので、修理する予定です。
金は親が払ってくれることになっているのでいいですが、それまでの間に30度を越すような暑い日が来ないかが心配です。



インドアンテ
先日ペアリングを済ませたアンテの♀をいよいよセットへ移しました!DSC00009_20090513012914.jpg
今は常温の場所に置いていますが、時間を見つけて冷やし虫家を整理してそっちに移そうと思います。

ちなみに材は、カワラ材を使っています。
産んでくれることに期待です!

リノケロス産卵確認!

こんばんは!

リノケロスフタマタ
セットから約1ヶ月経ったので、♀を取り出そうと思い、産卵木をどかしてみました。
すると、♀の他に、材の下からなんと幼虫4頭を発見!!
(画像無くてスイマセン)

それも孵化したてのド初令!!
まだ卵だと思っていたのに、もう初令が出てくるとはビックリです。
しかもマットの上なので、幼虫は孵化してすぐに材から出てきてしまったということか?
とりあえずこの4頭は、普段なら割り出しまで放置しておくところですがド初令で弱弱しい感じだったのでプリンカップに移しました。

ちなみに材には齧った痕が多数!
これはなかなか期待できそうです。
といっても予想は先に賦課した4頭も入れて10頭くらいだと思いますが・・・
でも、これでまた割り出しという楽しみが増えました!

にしてもローゼンといいパプキンといい、春のセットはみんなよく産んでくれます!
でも今年は去年よりセット数が多いので、夏には大変なことになってるかも(汗
(現在のセット中の種類はローゼン3rd、佐賀産オオクワ、アトラス×2)


金が・・・・・・


・・・ど、どうしよう(滝汗
来年は受験勉強で大幅に減らす予定だからといって、調子に乗りすぎました~(反省)
ブリードは計画的に・・・今さら言っても遅い、、、


DSC00005_20090512013234.jpg
このまんま画像ナシで終わるのは寂しいので、最後にスマトラス君の画像でも。
今のところレイアウトを破壊することもなく、大人しく暮らしています。
やっぱりテラリウムは一匹飼いがいいですね。

パプキン割り出し

こんばんは!
下にも記事があるので見ていない人は見てくださいねー

突然なんですが、最近疲れが溜まっていることもありブログの更新が面倒くさく感じます。
だからってここまで続けてきたブログをやめたくはありません。
なので、今日からいつもより簡単に、疲れない程度に書いていきます。

パプキン(part2)
ケース底から幼虫が見えていたので、割り出しました!
DSC00010_20090510214924.jpg
ケースをひっくり返してみると、思ったよりたくさんの幼虫が!!
にしてもこういう光景、久しぶりに見るなぁ(笑)
DSC00013_20090510215513.jpg
幼虫を1頭ずつ数えていくと、14頭!!
パプキンにしては少ないですが、ブリードするにはこれだけいれば十分です!

本当はたくさん産ませて色々な色の個体を羽化させてその中から好きな色を選んで累代飼育していきたいところですが、♀がもうボロボロで産卵できなさそうな感じなので諦めます。


ヘラクレス・リッキー
DSC00011.jpg
先日から蛹室を作っていたリッキーの♀が蛹化しました!
にしても、蛹って背中側から見るとハッキリ言ってキモい、、、
まぁ、虫嫌いの人が見れば背中じゃなくてもキモいんだろうけど。

余談ですが、ケースの右側に見えるのは今じゃなかなか手に入らないBE-KUWA6号!!
1年くらい前ですが、たまたま近くのペットショップで売ってたので即購入しました。

DSC00012_20090510214924.jpg
それで蛹ですが、ケース底に大きな窓ができてしまったのでこのままだと羽化不全の確立大!
ということで人工蛹室に移しました!

やっぱり♂か?

こんばんは!
昨日はちょっと体長が悪くて書けなかったので、その分を今日書きます。

ヘラクレス・エクアトリアヌス
前回の交換の記事でタイトルに「たぶん最後の交換」なんて書いたんですが、まだ蛹にならないのでもう一度交換することになりました!
おそらく、これが本当の最後のマット交換でしょう。

DSC00007.jpgDSC00009_20090510110616.jpg
♂100g(99g)                      にしてはでかい79g(69g)

♂は流石にもう成長ストップしたらしく、100gで止まってしまいました~
でも99gと100gではケタが違うので1gの成長でも嬉しいです!

一方、今まで♀と飼育してきた個体はまだ10gも伸びて79g・・・
ヘラクレスは75g以上が♂で以下が♀と言われているので、これはありえないです。
つまり、どういうことかというと♀ではなくて♂です。
一応このペアは専門店から買ったわけですが、やっぱり判別ミスもあるんですね~
でも♂2頭なのでもともと観賞用に♂だけ欲しかった自分にとっては嬉しいです!
♀はいてもブリードはしないので邪魔になるし・・・

ということで、2頭とも中ケースへ入れました!
おそらくこれで蛹化するので、底の近くはガチガチに詰めました。
これでスイッチが入れば、すぐに蛹室を作って蛹化してくれることでしょう!


アルキデスヒラタ
DSC00008_20090510110617.jpg
最初の♀が蛹化しました!
羽化したら何mmになるのか気になります。

ローゼン3rdセット!

こんばんは!

ローゼンベルグ
2ndセット、割り出したところボウズでした~
最初のセットは9個採れたので期待していたんですが、残念です。
ちなみに最初のセットで採れた9個、前にも書いたけどこのカテゴリではまだ書いてないので一応書いておきますが、9個全て孵化しました!
早めにカワラ菌糸を買って幼虫を移そうと思います。

DSC00005_20090509000429.jpg
♀は休む間もなく、3rdセットへ入れました!
2ndセットと同じような内容なので産んでくれるか心配ですが、うまくいってくれるといいです。


フローレスギラファ
DSC00009.jpg
♂初蛹化しました!
羽化が待ち遠しいです。

新テラリウム!!

こんばんは!
GWは日付が変わってから更新となることが何度もあったので、これからはブログは日付が変わらないうちに投稿するようにします。

テラリウム
GW中に時間があったので、今までのテラリウムのレイアウトを崩して新しいテラリウムを作りました!
メインテラリウムとサブテラリウムの2つになります。
では、画像大きめでいきます!

メインテラリウム
DSC00014.jpg
ケースはビバフォレストMを使用しました。
フジコン製インセクトシェルターを中心にレイアウトしてみました。
その左にある木は、ミタニ製の枝木を逆さまに地面に挿して、枝の分かれた部分を根のように見せました。
ちなみにこのインセクトシェルターは注文する時に「なるべく二股タイプで頑丈な物を」とコメントを入れたところ、なかなか形のいい物が届きました!
これならテラリウムの中の虫が暴れても倒れなさそうな感じです。
2本ある緑色の人工葉は、上から吊るしてあります。
床には発酵マットを敷き、その上に転倒防止用の意味も兼ねて枯葉を入れてみました。

今回のメインテラリウムは今までと違って、あまり物をたくさん入れずに空間をたくさん作るようにしてみました!
以前のものに比べると、こちらのほうが明るくて清潔なイメージです。
(まぁ、生体を入れたらちょっと汚れるんだろうけど・・・)
餌場は1箇所だけなので、当然1匹飼いになります。

サブテラリウム
DSC00016.jpg
こちらは、今まで小型種テラリウムとして使っていたディスプレイキューブを使いました。
このディスプレイキューブは6面全部ガラスというのが特徴です。
餌場には以前のメインテラリウムで使用していた洞つきエサ台をもう一度使用しました。
それと、飾りとして以前も使っていた枝木(本当は鳥用)も入れてみました。
そして床には発酵マットで、その上に樹皮を敷いてみました。

サブテラリウムのほうは緑が無いので殺風景ですが、これはこれでなかなかいけてると思います!
こちらもメインテラ同様、餌場が1箇所しかないので1頭しか入れられません。
ここで使用した洞つきエサ台はインセクトシェルターと違ってなかなか上手く作られているので、洞に住むタイプのクワガタを入れようと思います。


さて、気になる入れる虫の紹介です。

まず、メインテラのほうは・・・
DSC00015.jpg
スマトラアトラス!!(79mmの個体)
この個体1頭だけ特別扱いでテラリウムに入れるわけなんで、せっかくなので名前をつけます!
命名「スマトラス君」
スマトラとアトラスを合わせてスマトラスというわけなんだけれど、ちょっと微妙かな(笑)

そしてサブテラのほうは・・・
DSC00017.jpg
スマトラオオヒラタ(ベンクール産)!!
ん?ベンクール産??・・・実は、GW中にひそかに買っちゃいました!
正式にはクジで当たったんですが。
ちなみにサイズは63mmと、今までアチェ産の80mmUP個体に見慣れてきた自分にとってはかなり小型です。
そして、こちらもスマトラス君同様に名前をつけます。
命名「ベンク君」
ちょっと発音しにくいかもしれないけど、なかなか響きがいいです。
今後、このブログ上で時々この2頭を紹介する時にはこの名前で登場するので忘れないように覚えておいてください!

DSC00020.jpg
そしてこれが2つ並べてパソコンの横の台に置いた時の画像です。
両方とも余計な物をゴチャゴチャと入れていないので、すごく明るい感じです。

しかし問題が一つ・・・それはコバエ
今回は両方とも床に発酵マットを使用しているので、コバエが来てしまう確立が高いです。
なので、とりあえずアースノーマットを導入しました。
ちなみに去年も使ったのですが、クワカブには害は全く無いです。
しかし、これで完璧というわけではありません。
ノーマットを使っても死なないコバエがいるかも・・・
今のところ自分の部屋はコバエは1匹も見ませんが、とにかくコバエが発生しないことを祈るばかりです。

メガソマ・エレファス飼育開始

こんばんは!

GW終わっちゃいましたね~
今年のGWはブログには書いてないけど楽しい事も色々ありました。
しかし、実際には生活のリズムがかなり乱れて、ひどいGWでした。
何時に寝たのか言えないくらい・・・
というわけでこれからは普通の生活リズムに戻すように頑張ります。

エレファスゾウカブト
メキシコ カテマコ産 CBF1
09年4月孵化 初2令幼虫4頭

DSC00012.jpg

実はGW中に買っちゃいました!
エレファスは以前も飼育した事があるので、今回は2度目です。
以前は3令ペアで買って♂♀ともに羽化したんですが、残念ながら♂は羽化して休眠し、やっと活動しだしたと思ったら☆・・・
まぁ、1ヶ月くらいは見ることが出来たんですけど、もう一度見てみたいので今回、飼育する事にしました!

以前と違って今回は初2令からのスタートなので、成長期に大型の容器で飼って大型化を狙いたいと思います!
以前飼育した個体では124gまで成長したので、今回の目標は130gってところですね。

それ以前に、問題は雌雄の片寄りですね。
4頭いるので全部♀なんてことはないと思いますが、♂1♀3ではちょっと嫌です。
4頭セットを買ったのだから、やっぱり♂2♀2だと嬉しいです。
うちでは大型カブトはブリできないので♂3でも4頭全て♂でもいいけど(笑)

今日は時間が無いので作りませんが、とりあえず管理表を作る予定でいます。
そのために、No.1~No.4と番号を振っておきました。
(上の画像で2令の個体(右下)がNo.1で、初令の3頭がNo.2~4です。)

ちなみにまだ小さいので、使用するケースは小ケースです。
これで3ヶ月近く飼育し、ある程度大きくなって雌雄の判別ができるようになったら一番大きい♂はコバシャ中に入れ、残りの個体は多頭飼育にするかもしれません。
まぁ、雌雄の偏り具合によりますけどね。

ネプチューン飼育開始!!

こんばんは!
5月6日ですが5月5日の記事ということで・・・

ネプチューンオオカブト
コロンビア サンタンデール産 WF1 3令ペア
DSC00010.jpg
ついにこの種に手を出してしまいました!
家にはヘラクレス4種にサタン、グラントシロとディナステス属がたくさんいるので、ネプチューンもいつか飼育したいということで以前からずっと狙っていた種類でした。

ちなみに値段は7350円、、、
高い・・・
こんなに高い種類を買うのは久しぶりです~
これは大事に育てなくては!!
余談だが、以前このくらいの値段がした種類と言えばこのブログを始める前に飼育していたマンディブラリスフタマタ105mmだったと思います。
あと、ローゼンベルグやパラワンもそのくらいの価格のを買ったことがあったような・・・

さて、早速第一回体重測定の結果です!
DSC00013.jpgDSC00001_20090506171944.jpg
♂57g                        ♀37g

今回買った幼虫は孵化から6~10ヶ月程の幼虫ということで明確な孵化日が書いていないのでなんとも言えないんですが、このサイズではまだまだなのでこれからの成長に期待したいところです。
ビークワでは80g=130mmと載っているので、とりあえず80gを目指して頑張りたいです。
サタン同様に長期間かけて地道に大きくなっていく種類なので急成長するヘラクレスやゾウカブトに比べたら飼育自体はあまりおもしろくないとは思いますが、気長に頑張っていこうと思います。

飼育場所ですが、大型狙いなのでもちろん冷やし虫家内です。
ちなみに温度は20~22度くらいで、ネプチューンにはピッタリの環境です!
スペースの都合上、♀は虫家外の常温のスペースとなってしまいましたが、真夏に流石にこれだと死んでしまうのでその時はなにか対策を行おうと思います。


ヘラクレス・ヘラクレス(A血統)
DSC00008.jpg
人工蛹室に入れた♂の蛹が濃くなっています。
数日後には羽化するか!?

ヘラ系初の100g突破!!

こんばんは!

ヘラクレス・ヘラクレス(B血統)
マット交換を行いました!
今回は先に管理表を載せちゃいます。















ヘラクレス・ヘラクレス(B血統)幼虫管理表
管理番号性別9/712/12/145/4羽化体長備考
No.1(☆)2令33g(多頭)27g(多頭)☆確認12/1以降多頭飼育
No.22令60g(虫家)94g114g/mm12/1~2/14冷やし虫家で飼育
No.3♂?2令44g(多頭)63g(多頭)72g/mm12/1以降多頭飼育
No.42令52g81g96g/mm
No.5(☆)初令初令2令(多頭)☆確認2/14以降多頭飼育


DSC00005.jpg
No.2(♂) 114g(前回94g)

タイトルにも書いたとおり、No.2の個体がヘラクレス系初の100g突破!!
100g突破どころか110g台に突入しちちゃってます!!
前回計測体重が94gだったんで100g台に入ることは予想できてはいたんですが、正直言って94gから20gも伸びるなんては思ってもいませんでした。。。
冬場にこんなに成長できたのも冷やし虫家のおかげかな?
それにしても、良くても110gちょっと手前くらいだろうな~なんて考えていたので、この数字を見たときはすごい嬉しかったです!
もちろん数字だけじゃなく、幼虫も大きさもスゴイ!
ゾウカブトの場合だと横幅に取られてしまいますが、コイツの場合は伸びた時の体長が長い!
バナナを一回り小さくしたような感じです。

ビークワで調べてみると、幼虫100g=成虫140mmらしいのでよっぽど極太だったりしない限りは140mmはいけるでしょう!!
そして気になる150mmですが、これには130gくらいは必要な感じ・・・
でも、94gという体重から3ヶ月弱で20gも成長しているこの個体なら出せなくもない数字!!
(あと16gあれば130g!!)
幼虫期間が今年の秋頃まで続いてくれたら、たぶんいけるでしょう!!
本当に楽しみです!!

ここまで大型だとブリードも考えちゃうわけですが、残念ながら兄弟の♀(No.1の個体)は今回の交換で☆になってしまいました・・・
それと、成長が遅れていたNo.5の個体も☆に・・・
まぁ、ここまででかい♂だと羽化ズレしそうなのでもし生きていても別の♀を買っているとは思いますが、やっぱり残念です。

ちなみに置き場所ですが、温度も25度前後でちょうど良いため、冷やし虫家内から常温に移しました。
本当は虫家内で恒温で飼育を続けたほうがいいんだろうけど、低温を好むサタン、コーカサス、そして明日到着予定のネプチューンを優先してヘラクレスは外に出てもらいました。
とはいえ、真夏も常温ではせっかくの大型個体なのに体重が減っちゃう可能性もあるので、簡易冷却装置でも作ろうと思います。

DSC00003_20090505031451.jpg
No.4(♂) 96g(前回81g)
114gの個体の話が長くなってしまいましたが、他の2頭も紹介!
この個体は最初からずっと常温で飼育を続けてきた個体です。
その割には結構大型で、次回の交換時には100gを超えてそうな感じです。

それにしても、この血統はアタリでした!
いや、血統じゃなくて小さいうちに買って早いうちからマットをたくさん食べさせる事ができたのが大型幼虫へと繋がったのか?

DSC00002.jpg
No.3 72g(前回63g)
この個体は♀と判別されて前回から多頭飼育だったため、前回の管理表では扱わないことにしたんですが、どうも♂っぽい感じがするのでこれから管理表に記録をつけていくことにしました。
しかし、ヘラクレスは75gを超えると♂、それより下だと♀という話も聞くのでまだ完全に♂とは言い切れません。

ヘラクレス等の大型カブトの場合、♂1頭に対して中ケースを使うんですが、この個体はスペース&マトの節約のためと、小型個体ということもあって小ケースにしました。
今から中ケースに入れても大型化は難しいでしょうからね~
でも蛹化の時は小ケースでは蛹室に窓ができやすく、結果として角曲がりになりやすくなるので中ケースを使用するつもりです。

ちなみにこの個体、今まではNo.1の♀とNo.5の発育不良の個体と一緒に飼育してきたんですが、その2頭はマットの上で真っ黒になっていて、この1頭だけが元気でした。
カブトだから共食いとかはしないと思うけど、この1頭が他の2頭にエサを分けずに全て独り占めしたように思えます。
そもそも、多頭飼育にしてはケースが小さかったのが問題だったのかもしれませんが・・・
これからもし多頭飼育をする機会があれば、ケースは大きめのものを使用するように気をつけたいと思います。


ローゼンベルグ
DSC00001_20090505031452.jpg
最後の1頭が孵化!!
まさか、9個全部孵化するとは思ってもいませんでした。
2ndセット中の♀ですが、まだ出てこないんですがもうそろそろ割り出してもいい頃なんで時間を見つけて行おうと思います。
プロフィール

カンプ1664

Author:カンプ1664

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最近のコメント
カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ
管理画面
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。